• love
  • 2016.11.12

帰り際のキスは「チャラ男」認定!男性30人限定イベント『最強の口説き術』レポート

先月、AM初の男性限定イベント「最強の口説き術~初回のデートで女が落ちる方法~」を開催しました。当日は合コンシェルジュの絵音さんを講師としてお迎えしてデートに誘う方法から当日の過ごし方といった、実践に則した「必勝法」を伝授してくださいました。今回は、残念ながら会場までお越しになれなかったアナタに「こっそり」内容を紹介します!

 気になる相手との初デート。女性が思わずときめいてしまう振る舞いを、男性にもっと知ってほしい!

 そんな思いのもと、合コンシェルジュの絵音さんを講師に迎えた男性限定イベント「最強の口説き術~初回のデートで女が落ちる方法~」が、10月24日(月)にAM編集部主催で開催されました。

 絵音さんといえば日本合コン協会の会長をつとめ、2,000回を超える合コン経験を基にした「合コンマスター講座」の開催や関連書籍の出版などを手掛ける、いわば“男と女のスペシャリスト”。

 そんな彼女が「デートの約束を取り付けるまで」「デート当日」「一軒目の後」というシチュエーションごとに「女を落とすテクニック」を伝授してくれました。その様子をお伝えします。

お店選びは「カジュアル○○」がちょうどいい

合コンシェルジュ 絵音 男性 イベント 口説き 初回デート デート AM

 30人以上の男性が見つめる中、真っ白なワンピースに身を包んだ絵音さんが登壇。「5年間で2,000回以上の合コンを経験…」という紹介に「引いてないですか? 大丈夫!?」と会場の笑いを誘ってスタートしました。

「初回デートは、その後の人生を変える大切な入口」と語る絵音さん。「男性へ求める条件のチェックボックスが8割型は埋まっている相手だからデートに行こうと思うので、ビッグチャンスなんですよ!」とのこと。

 そのチャンスを逃さないためには、事前に女性の行きたい店を聞いて予約しておくのがポイント。喜んでもらえるのはもちろん、ドタキャン対策にもなるのだとか。

 もし男性側が店を決める場合は、高級すぎても小汚くても女性が気後れしてしまうので、「カジュアルフレンチやカジュアル和食ダイニングくらいがちょうどいい」そうです。

 ちょっと意外な提案として「ランチデートもおすすめ」という絵音さん。健全なイメージがあり、女性の警戒心を和らげる効果や男性が爽やかに見える効果があるとのこと。

三種の神器はエビ・アボカド・パスタ

合コンシェルジュ 絵音 男性 イベント 口説き 初回デート デート AM

 いざデート当日。「メニュー選びは初めての共同作業」という絵音さんは、「そこで女性がみているのは、“レディーファーストができる人か”と“頼りがいのある人なのか”の2点です」と女性の本音を紹介。

 おすすめは、まず女性に選ばせ、足りないものを「いいかな?」と伺ってからオーダーすること。
「食材はエビ・アボカド・パスタを頼めば間違いない! あとはバーニャカウダがあれば完璧」との言葉には、男性陣も大きく納得の様子でした。

 また、多くの男性が戸惑う“会計”については「女性が席を立っている間に済ませるのがスマート」としつつ、「女性にとっては最初のデートが基準になるので、『今回はご馳走するね』と伝えれば、次回から割り勘などへ持ち込みやすくなります」とのアドバイスも。

 たとえ1,000円でも支払いを求めると、“初回デートで女性に払わせる男”とジャッジが下るそうなので、慎重にいきましょう……。

 そして話は、もっとも気になる“この女性は脈ありかどうか”を見抜くポイントへ。絵音さん曰く、「男性に向けた質問が増えてきた場合は、好意を抱いてくれている証拠」だそうです。

 さらに、共感ポイントが多いほど「気の合う人」と認識されるので、趣味や出身地などとにかく共通点を見つけること。「そこから話を膨らませれば、『次はそこに行ってみよう』とさりげなく次回のデートへ繋げることもできます」なんて上級テクニックも紹介してくれました。

帰り際のハグやキスは“チャラ男”認定

合コンシェルジュ 絵音 男性 イベント 口説き 初回デート デート AM

 さて、話はいよいよ大詰め『一軒目の後』へ。

 一軒目が無事に盛り上がって、もう少し一緒に居たい。そんなときに二軒目へ誘うコツとしては、「一杯だけ」「終電に間に合うまで」など“女性を帰す意思”を暗に示して安心感を与えること。このとき「一杯だけお願い!」など下手に出ると、女性は母性本能をくすぐられて応じやすくなるそうです。

 ほかに「一軒目は食事だけにして、『デザートを食べに行こう』と提案する」というスマートなテクニックも披露。これには場内のオクテ男子からも感嘆の声が漏れました。

 そして初回デートでいちばん気を付けたいタイミングとして挙げられたのが、別れ際
「別れ際は人格を表すので、ダラダラしないこと。食事をした最寄り駅まで送ってサクッと別れるけれど、最後まで見送っているというのがいいですね」と絵音さん。最後に誠実さを印象付けると「また会いたい」「付き合いたい」と思わせることができるのだとか。

 逆に、ハグやキスをしてしまうと“チャラ男”認定され、女性は一気に警戒心を抱くのでご注意を。

 また、帰宅後デートの余韻が残る当日のうちに男性側からLINEを送るのは、欠かせない押しの一手。
「女性にとって連絡はコミュニケーションなんです。愛されている感が出てくるところなので、頻度をマメにすることが大事です」と、アフターケアの大切さを訴えてイベントは終了となりました。

 絵音さん曰く「初回デートで女性が見ているのは、“自分のことをどう考えているのか”などの内容面です」

 つまりは押し引きのタイミングを図ったスマートなエスコートがポイントになるようす。「もしこの人と付き合ったら……」をイメージしやすくなる初デートだからこそ、誠実さを伴った口説き方が大切なんですね。

Text/千葉こころ