• love
  • 2013.06.25

便利な男友達は結婚相手に昇格する!?/はあちゅうが語る女の本音

モテる女が結婚相手として選ぶのは「ジーニー彼氏」

メイン2
©by Bev Goodwin

 友達にモテ女子が多い私だけど、その中でも最高レベルの
仕事が出来て可愛くておまけに面白いという全方位負けるところナシの
スーパーモテ子が今度結婚する。

 彼女は30歳に近づくにつれて、
「あー結婚したい」が口癖になって、末期症状の時は、
「今の彼が決心してくれないから
もはやコンドームに穴をあけて、出来ちゃった結婚に持ち込もうかと思っている」

という冗談なのか本気なのかわからないことを会う度に30回くらい言っていたから、
そんなことせずとも、幸せな結婚を手に入れることができて本当に心からおめでとう。

 ところで、数々の男性をメロメロにしてきた
恋多き彼女が選んだ運命のお相手は
一体どんなスーパー男子なのかというところに興味が湧く。

 彼女いわく「結婚するとか絶対に思わなかった」
全然恋愛対象ではなかった人で、
むしろ友人の更に下の「どうでもいい存在」だったという。

「大好きだった彼と別れて寂しい時に
告白された男がいて、
呼べばいつでもくる便利なやつと思って会うようになったの。
でも話はつまらないし、別に顔もかっこよくないし、
ほんと会う度に『あー時間無駄にした。呼ばなきゃよかった』
って思ったりしてたんだよね。
でも、まあ次の週末になると、
やることもないし、気軽に誘える人がやつしかいないしで、
『一人でご飯もやだし、あいつにご飯おごってもらおう』みたいな。
で、ほんと、きもい、うざいと思いながら
なぜか呼んじゃってその度に後悔してたんだけど、
ある日、よくわかんないけど
勢いで男女関係になっちゃったら、
相性が最高だったこともあって、
もう大好きになっちゃって、
すでに告白されてたから付き合おうってなって、
それで、なんか結婚することになっちゃったっていうか


…これほどボロクソに言われながらも
辛抱強くモテ子に付き合い続けた旦那、グッジョブ!って感じである。

 だけど、そんなパターン、最近よく聞く気がする。
呼べばいつでも「お呼びですか〜♪」と現れてくれる、
便利すぎる男友達、からの結婚。
しかも、このパターンはモテる女に多い。
私の周りでは、選りすぐりの超美女、超いい女に限って、
「友達以下からの昇格結婚」が多いのである。

 イケメンとの「相手を惚れさせ続けたほうが勝ち」のような
バトル恋愛
に疲れ果てたところに、
なんでもいうことを聞いてくれる上に
一切気を遣わないでも愛してくれる
そんな『アラジン』のランプの精・ジーニーのような男の人に、安心感とたくましさを感じちゃうのかも。

 たぶん、モテる子って(容姿でモテる子は特に)
いろいろな幻想を男の人に持たれがちで、
自分でも知らない間に、彼氏といても
あるべき自分を演じているのだと思う。
そんな心の鎧を脱がしてくれるのが、
ブサイクだったりきもかったり、
三枚目で、でも心根は優しくて、
愛を表現することに手間を惜しまない人だったりする。


「いやー、やっぱね、気を遣わないでいいってのは楽よ。
友達期間が長かったから、もう私のブラックな部分全部知ってて、
超本音の会話しかしない!シモネタとかもばんばん言う!」とモテ子。

「春香も、◯◯君あたりにちょっとキスしてみたら
案外結婚したくなるかもよ」


※◯◯君というのは数年来の友達です。

 そう言われて、彼と私のラブシーンを一瞬妄想したけれど
リアルに気持ちが悪くなりました。でも、最終手段として、覚えておくね。



▼週末作家・はあちゅうとライフスタイルプロデューサー・村上萌が主宰する 日本最大の有料サロン「ちゅうもえサロン」にあなたも入りませんか?  サロンでは、2人がブログやツイッターなど 表向けにはなかなか書けないことを書いています。たまにオフ会も実施中。
詳細はコチラ↓
ちゅうもえの楽屋へいらっしゃい♪

Text/伊藤春香(はあちゅう)

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
6月特集
5月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

はあちゅう(伊藤春香)
ブロガー、作家、ソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」代表

今月の特集

AMのこぼれ話