• love
  • 2013.03.25

男友達が結婚する悔しさ 女が一番寂しい時 /はあちゅうが語る女の本音

女が一番焦る時

はあちゅう 本音 結婚 男友達
©Marie-Sacha

 週末が来るたびに、友人が既婚者になっていって困る。
困るというかむしろ笑える。
だってあまりにも結婚、結婚って続きすぎて。

 一時期のたまごっちくらい、
私の周りでは、今、結婚がブーム!

 先日、久々に某女友達に連絡をとったら、
「元気ー?」っていうメールに対して
「元気だよ、ところで来年結婚しまーす!」ってカジュアルに返ってきました。なにその罠。
しかも「そういえば、同期の●●ちゃんも結婚、××ちゃんは来週結婚式だけど行く?」
みたいに芋づる式に結婚のニュースを聞いてしまい、
思いがけず地雷を踏んだような気分。
みんな一体どうしちゃったの。

 もう、皆揃って春だなぁなんて思っていた矢先、
とある男友達が婚約したことを風の噂で聞きました。
その時に、むくむくと心に湧いた、妙な感情…。

 その正体が「寂しさ」だということを突き止めて、
私は、女友達結婚のニュースより
男友達結婚のニュースのほうが心にズッシリくるということを悟りました。


 しかも、昔何かあったような友達であればなおさら。

 元彼とかはね、別によいのです。
まだ私は元彼結婚というシーンを未体験なのですが、
それは温かい気持ちで受け入れられる気がする。
お互いにやりつくして、うまくいかなかったのだもの。
未練とかまるで無いから、私の後に出会った誰かと幸せになってほしいと心から思うよ。

 だけど、付き合うまではいかなかったけれど、
何かのタイミングでそうなった可能性もあったような、
あるいは勝手にほのかな恋心を感じていた微妙な男友達の場合。
そういう人が結婚したニュースは案外堪えるものですね。
まるで、ショートケーキを食べるとき、
お楽しみにとっておいた最後の苺が奪われたような感覚。

 中学の時、好きだった人。
職場の憧れの先輩だった人。
いい雰囲気になったのに、好きだって言えなかった人。
何回も泊まりにいったのに、付き合ってまではもらえなかった人。
あの日あの時何かが違ったら…
私が、あるいは相手が踏み出していたら
結婚するのは私だったのかなぁ…

そんな妄想で揺れてみたり。

 それは今私が100%幸せじゃないから感じる、寂しさなのかしら。
それとも、どんな時でも「もしかして」を考えちゃうのが人間なのかしら。

 そんな思いをめぐらせながら、
風に舞う桜を眺めていた今夜。

 春だなぁ。

▼週末作家・はあちゅうとライフスタイルプロデューサー・村上萌が主宰する 日本最大の有料サロン「ちゅうもえサロン」にあなたも入りませんか?  サロンでは、2人がブログやツイッターなど 表向けにはなかなか書けないことを書いています。たまにオフ会も実施中。
詳細はコチラ↓
ちゅうもえの楽屋へいらっしゃい♪

Text/伊藤春香(はあちゅう)

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

■合わせて読みたい
3月特集
2月特集
官能小説から読み解く、ファムファタールのススメ
くらたまさんと円満離婚カップルを表彰!?

ライタープロフィール

はあちゅう(伊藤春香)
ブロガー、作家、ソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」代表

今月の特集

AMのこぼれ話