• love
  • 2014.11.04

果たせなかった約束の行きつく先/はあちゅうの女の本音

「今度はアノお店に行こう!」…そう言ったっきりになってしまった元カレとの約束。そんなお店に友人やイマ彼とやってきた時、AM読者の皆さんは何を思いますか?今回は「終わった恋愛」は実はまだ続いているというお話です。過去の恋愛、自分のものになっていますか?

果たせなかった約束の行きつく先

はあちゅう 恋愛 コラム 約束
©kaizen.nguyễn

 iphoneの未読通知の赤いポチが嫌いです。
終わっていないことがある状態だと、
心にひっかかって気持ち悪い。

 そんな私だから、
仕事だけでなく、プライベートでも
「やろう」と約束していたことが果たせなかったりすると
なんだか悔しい。

 あの映画観に行こうねって言ってて公開が終わっちゃったとか、
ここのレストラン絶対次来ようって言ってるのが
のびのびになったり。
果たした約束よりも、果たせなかった約束のほうが、
心の面積をとっている気がします。

 まぁでも、友達や家族との約束は、
関係が続く限り、
いつかの未来で果たせる希望がありますよね。

 でも、果たせない約束は、
ずっとそこに居座り続ける。

元彼との約束がまさにそれです。

 未消化リストは、
普段は隠れていてもふとした瞬間に
心の中に浮かび上がってきたりします。

 私の場合は、よく恋人と
一緒に行きたいお店のリストや
やりたいことのリストをつくるので、
数年後には、未精算分のツケを払うことになる。

 別の人とそのお店や場所に足を運んで
「あー、そういえばここは、
あの人と来るはずだった場所…」
と勝手に切なくなるんです。

 元彼を取り残して、
一人だけで約束を果たしちゃった気分。

未練と言うには、もったいない

 でも実は元彼は何年も前にここにきて、
同じように私のことを考えてくれたかも。
そんな映画みたいなことを考えながら、
彼の良いところだけを思い返す。

 そして、隣にいる今の恋人や、
彼とはつながっていない友達の顔を見て、
自分の人生の続きを回顧して、ひたる。

 そういう時、私は
人生の醍醐味というものを感じるのです。

 未練と言うには、もったいない。
執着するのではなく
全て受け入れて前を向いて歩いていることを実感出来た時、
恋愛が自分の血となり肉となっていることを
確かに実感します。

 だから、恋愛に関してだけは
「終わっていないこと」があるのも
ありだなーなんて思ったり。

Text/伊藤春香(はあちゅう)

 次回は、最終回「運命は意志が呼び込むもの」をお届けします。

▼週末作家・はあちゅうとライフスタイルプロデューサー・村上萌が主宰する 日本最大の有料サロン「ちゅうもえサロン」にあなたも入りませんか?  サロンでは、2人がブログやツイッターなど 表向けにはなかなか書けないことを書いています。たまにオフ会も実施中。
詳細はコチラ↓
ちゅうもえの楽屋へいらっしゃい♪

■その他のはあちゅうの問題作

ライタープロフィール

はあちゅう(伊藤春香)
ブロガー、作家、ソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」代表

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら