• love
  • 2014.06.10

恋人の嫌なところを変えられる時間には有効期限がある/はあちゅうの女の本音

相手を変える有効期限は「恋愛中」

はあちゅう 恋愛 本音 コラム
by Marina Aguiar

 15以上年上の人と、デートしていた時期があるのですが
その時はとにかく、毎日が楽すぎてびっくりしました。
彼がいろいろリードしてくれるので
デートの行き先とか、ご飯場所とかも
いつのまにか決まっていて、
無駄な脳みそを使わないおかげなのもありましたが
それ以上に、気持ちの芯が揺れなかった。

 短気でイライラしがちな私が、
彼に対しては一緒にいて「あ、ここ嫌だな」と思ったとしても
腹が立たないという謎の精神状態。
これって、一体なんなんだ、と悶々としていたのだけど
正体はたぶん「諦め」だったんだと思います。

 自分より10年以上多く生きている「完成された大人」
に対して小娘の私が何か言っても直らないだろうと、
はなから諦めていたんですよ。

 だから彼の食事中のマナーや家での過ごし方に
自分の理想と違うところがあっても、
「ま、言ったところで直らないよね」と
イライラしない初期設定になっていたんです。
同い年の彼氏だったら
「なんで」「やめて」「直して」と
食い下がるシチュエーションでも、
「ま、この人はこの状態で
やってこれたんだから、
これからもこのままだよね」
と完全に「彼を変える」方向への思考はショートしていて、
むしろ「こんな悪いところもある彼を
好きになっちゃったんだから、しょうがないよね」と
傍観モード全開。


 語学を完璧に操れるようになるには
9歳までの柔らかい脳みそに
基礎をインストールしないとダメだと聞いたことがあるのですが
恋人を変える時も、有効期限や条件はあると思います。

 相手が年上で、結構しっかり自分を持っているタイプだと、
自分好みに変える作業はかなり大変です。
ちょっとした生活習慣は繰り返し指摘すれば直るかもしれないけれど
リバウンドの可能性大だし、
人間の根本に関わることや信条はもう変えられないです。

 でも、もしそれでも変えたいと思ったら、
お互いに恋愛ゲートが開いているうちに策を練った方が吉。


 恋愛中ってフラットな心理状態ってあんまりなくて、
どっちかがどっちかのことを多く想っていたり、
「この人が離れていきませんように」という不安があったりするからこそ
相手が思う自分の嫌なところを直そうって頑張れるんですよね。

 だけど関係が成熟して、対等な立場になってしまうと、
「ここ直してよ」では喧嘩になりやすい。


 もしも相手を変えたいなら絶対に恋愛期間中にすべきだし
最悪直らなくてもいいと思って結婚しないと、
後から別れの原因になるよ。

 …そんなことを離婚歴二回の先輩が言っていて
とても勉強になったので
読者の皆様にシェアしてみました。

 もし、上記のパターンじゃない恋人の変え方を知っている人がいたら
次のネタにさせて頂くのでご連絡頂ければ幸いです。

※堀江さん×はあちゅう対談をまだ読んでない方は
前編はこちら→ モテる男にはセフレ戦略が効く!スパルタ恋愛論
後編はこちら→ 恋愛は金も時間も心のシェアもとられるけど、その大変さが楽しい

※下田美咲さん×はあちゅう対談をまだ読んでない方は
前編はこちら→  5回ベッドを共にして虜にできないならそもそも付き合えない

Text/伊藤春香(はあちゅう)

▼週末作家・はあちゅうとライフスタイルプロデューサー・村上萌が主宰する 日本最大の有料サロン「ちゅうもえサロン」にあなたも入りませんか?  サロンでは、2人がブログやツイッターなど 表向けにはなかなか書けないことを書いています。たまにオフ会も実施中。
詳細はコチラ↓
ちゅうもえの楽屋へいらっしゃい♪

■その他のはあちゅうの問題作

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

はあちゅう(伊藤春香)
ブロガー、作家、ソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」代表

今月の特集

AMのこぼれ話