• blog
  • 2016.11.14

【完結編】「私はバカにされている!」+「『愛』ってなに」<15>

こんにちは。

今日は告知があります。

本日1月7日(火)発売の「SEDA」2月号

131ページ~「切ない!苦しい!楽しい!?片思い談義」の

「恋がかなう11のお約束」
を手がけました。

この「11のお約束」は、

先日ブログで書きました
【永久保存版】私がもらった「人たらし」メールから学ぶ、モテる人の特徴
とセットでお読みいただくことで、

相乗効果が得られ、より活用していただけると思います。

ブログが「モテる人」の「BE」について書いているとしたら、
雑誌の記事は「では、何をしたらいいの?」という「具体的なDO」です。

奥手な片思い女子におすすめです。

---

今日も細々と更新いたします。

今日は、前回の記事、
「CLUBある」にお越しいただいたクミさん(仮名)のお話のつづきです。



私がクミさんとお会いしたのは、
彼女がマサルさんと連絡を絶ってから3ヶ月くらい経った頃でした。

豹変した彼の冷たい表情を思い出しては、泣いているということですが、

どうしても忘れられない彼と、もう一度つきあう方法」にのっとって、
自分をバージョンアップさせて再会し、彼を振り向かせてやろう
と頑張っているところでした。

「事前プレミアムワーク」でのメールのやり取りでは、
徹底的に「彼の都合メガネ」越しに、ものを見る視点になって
考えていただきました。

まずは、「実際に何が起こったのか」を知っていただかないと、
目的に向かって正しく進んで行かれない
からです。

以下は、私とクミさんのメールのやりとりの抜粋です。


マサルはしばらく黙って真剣な表情で、
「俺、クミさんのこと全部受け止めます。それじゃあダメですか?」
と真っ直ぐに言ってくれました。

その言葉を聞いた瞬間、わたしは、
この人ならどんなわたしを知っても
きっと大きな心で全てを受けとめてくれると確信しました!

マサルを心から信じることが出来ました。



クミさんは、誰かから真剣な表情で真っ直ぐに言われたら、
それを心から信じ、確信されるのでしょうか?



誰に対してもそうはならないと思います。
マサルだったからこそ、心から信じようと思いました。



どうして、「マサルだからこそ、心から信じようと思った」のでしょうか?
マサルさんと、他の人への信じ方が違っていた理由を教えてください。



彼のことが大好きでした。

彼とずっと一緒にいられるためならどんなことが起こっても、
彼女に殺されそうになっても手に入れたいと思ったからです。

彼女には申し訳ないが、今のうちらは同じ気持ちだ!
なんてその時は思っていましたね。



そして、今のクミさんは、彼の言葉は真実だったと思われますか?


「その時は」彼の気持ちは本当だったと思います。
今思えば、その場の盛り上っている感情で放った言葉だったのかもしれません。



「この人ならどんなわたしを知ってもきっと大きな心で全てを受けとめてくれる」
というクミさんの確信が正しければ、

マサルさんは、しつこいクミさんでも、
マサルさんの気持ちを理解しないクミさんでも、
ストレスをためさせるクミさんでも、
どんなクミさんでも、大きな心で受けとめてくれると思うのですが、
実際はいかがでしたか?



実際にはわたしを受け入れてはくれませんでした。
こんなこと本当は言いたくはないのですが、
結果として、彼はわたしとエッチがしたかっただけなのかもしれません。

マサルは、わたしとエッチした後に罪悪感を感じ、
彼の中で彼女を大事にしなくちゃという気持ちが
だんだんと現れてきたのではないでしょうか。



「罪悪感を感じ、彼の中で彼女を大事にしなくちゃという気持ち」
が現れたのは、クミさんとエッチした後なのでしょうか?

だとしたら、どうしてエッチをした後ではなく、
タカシさんと別れた途端に態度が豹変したのでしょう?



あわよくば、お互い大切に思っている人を失わない安心できる状態で、
都合の良い時に他にエッチや刺激を求められる相手が
そばにいてほしかっただけではないでしょうか。



といった感じです。

私からの追求は厳しいですが、
彼女は冷静で、理知的な態度でお答えくださったと思います。


そしてワークのあと、彼女から以下の感想をいただきました。

「言葉と行動は分けて見ていく必要がある。
わたしがタカシと別れて告白したとたんにマサルが関係を絶った。
これが彼の本音であり真実です!」

といわれ、ものすごく衝撃的で驚きました。

わたしは彼の言葉から一生懸命
わたしとは付き合いたくても
彼女がいるから付き合えないんだよね…等と
むりにでもふられた理由を探していました。

こうしてANNAさんとお話する機会がなかったら
わたしはずっと同じところでぐるぐると悩み続け
いつまで経っても思い出して泣いてばかりいたと思います。(;_;)



もしかしたら、あなたは

「『相手の都合メガネ』でものをみるのは、怖い、傷つきそう・・・」

と思われているかもしれません。


しかし、実際はその逆です。

「自分の都合メガネ」でものを見るほうが、
納得がいかないことだらけになり、ショックで傷つく
のです。

もしも、ちゃんと「相手の都合メガネ」をかけることができれば、
本当は、心がとても落ち着く
のです。


余談ですが、

「CLUBある」の「事前プレミアムワーク」では、
どの方にも、ほとんど質問ばかりをいたしました。

私が一方的に意見を言っても、

「ふ~ん」「そんなものかな~」

で終わってしまったり、

あるいは、

「でも、でも・・・」「そうじゃないのに・・・」

などと釈然としない思いを抱えたままとなりがちですが、


人は質問をされると、
無意識でも、全身全霊でその答えを見つけようとしはじめます
し、

自分から出てきた解答は、本当に納得しているし、自分のものになるからです。


次は、「CLUBある」での面談の内容になります。

つづきます。

どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法/すばる舎

¥1,470
Amazon.co.jpSEDA (セダ) 2014年 02月号 [雑誌]/日之出出版

¥500
Amazon.co.jp


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ANNA
ANNA

学生時代よりキャバクラ、六本木・銀座の有名クラブなどでホステスとして活躍。また合コン、お見合いパーティー、ホストクラブなどで実習に励み、合計約5000人の男性と会話した経験を持つ。著書に『大好きな人が振り向いてくれる本』『大好きな人がどんどん好きになってくれる本』(大和出版)、『どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法』(すばる舎)、『あなたのままで願いがすべてかなう本』(中経出版)など。
公式ブログ:愛し体質は、愛され体質
メルマガ:「あるあるまんまる」