• blog
  • 2016.11.14

異性にモテるオシャレ術

  • keyword:

ワタル:「今日はかわいい服装だね」
ユウコ:「えっ? 今日はちょっと地味目な感じなんだけど」
ワタル:「そうかな、いい感じに似合っていていいと思うよ」
ユウコ:(なんで、男の人って地味目な服装が好きなんだろう・・・オシャレじゃない感じがするんだけど)               

■異性は見た目が大事

同性よりも、異性の方が「見た目」で判断されます。
なぜなら、心理は「理解」に時間がかかるもの。
相手の心理がわからないのであれば、外見重視になる。
特に異性の考え方はわかりづらいので、(特に初対面では)外見重視になってしまうのです。
(『外見重視!?』参照)

さて、外見重視となればファッションも大事になってきます。
このファッション、異性に受けるファッションにはある程度法則性があります。


■異性の受けるファッション

異性に受けるファッションの基本は『清潔感』です。
清潔、というより清潔感です。
毎日洗濯していればいいというものではなく、例えばシャツにアイロンがあたっている。
これが清潔感です。

清潔感のある服装は「しっかりしている」「怖くない」イメージを相手に与えます。
これが、好印象につながります。

あとは、コンサバティブ(保守的)な服装です。
奇抜な服装をすると、たいてい異性受けが悪くなります。


■理解できる範囲のファッション

なぜ、奇抜な服装をすると異性受けが悪くなるのかというと、相手に理解してもらえなくなるからです。
異性というのは一種怖い存在。
相手のことがよくわからない、存在なのです。
そんな存在ですから、ある程度相手に理解されるような服装をしておくと相手に安心感を与えます。

逆に、奇抜な服装をすると相手からは「この人はちょっと怖い」と思われてしまうのです。
ですから、異性ウケする服装はファッション的には清潔感や、保守的な感じなのが多いのです。

というわけですので、おしゃれな人はモテたいとき、恋人を探しているとき、デートの時には少しコンサバティブな服装を心がけるといいかもしれません。
付き合った後であれば、外見より内面重視になってくるのである程度自分の好きな服を着ても大丈夫です。
それまでは、自分を理解してもらうためのプレゼンテーションと思って、相手に理解してもらえる服装を着るのも、恋にとっていいことなのです。


イラスト:ににこ


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

織田隼人
織田隼人

心理コーディネーター。男性と女性の心理の違いを専門とし研究をしている。主に講演活動、執筆活動を通して男女の心理の違いを広めている。それらが基となった恋や結婚にまつわる情報は多くの女性から人気が高い。著書に『彼に浮気をやめてほしい貴女へ』『愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女』『彼と復縁したい貴女へ』(あさ出版)、『ハッピーメール塾』(大和書房)、などがある。
公式ブログ:男心と女心 男女の心理の違いを鋭く解説!

web:織田隼人の恋愛、心理学のページ