• blog
  • 2016.11.14

結婚と不況の関係

  • keyword:
イラスト:林えみこ




マナミ:「いざ結婚となると、将来の不安がいっぱいよぎるね」ユキ:「あー、わかる。彼って言うか旦那さんになる人が失業したら、とか考えちゃうんだよね」マナミ:「そうそう、だから、公務員男子とか大企業男子ってモテるんだろうね」

■結婚しない、できない理由

実際のデータを見ながら結婚しない男女の理由を見てみましょう。

25歳から35歳までの男女の「独身にとどまっている理由」の中から値の大きいものを抽出してみました。

表1 独身にとどまっている理由

まず第一に「結婚したい相手がいない」ことがわかります。あと、男性で切実なのは「お金の話」ですね。■結婚したい相手とは?




やはり男性は結婚で責任を持とうとするので、お金面もしっかりしたいと考えているようです。

それでは、結婚したい相手ってどんな人なのでしょう?こちらも調査結果を見てみます。

表2 結婚相手の条件結婚相手の条件として重視する割合

この中で、性差の違いが大きな部分を太文字にしてみました。


男性は女性に「容姿」を求めていることがわかります。 女性は男性に「経済力」を求めていることがわかります。

女性が男性に「職業」も求めていることから、さらに次のこともわかります。女性は結婚で「経済的安定」を男性に求ます。ただ、今お金持ちだから良い、と言うのではなく継続的な安定を欲しがっているのです。

そもそも、子供を産み育てる性の女性なので「子孫のため」の条件で経済的安定性を求めるようになったのでしょう。

(経済力と職業の割合が前回調査より大幅に伸びています)
しかも、不況になったためか、経済力を求める女性は増えています。

さらに、女性は男性に「家事」の能力も求めるようになっています。これは、女性も働くようになってきたこと。家事をする男性が増えたとは言っても、まだその認識が甘い男性も世の中にいるからでしょう。■出会い作りと、安定性




結婚についての調査を見てきました。まず、前回の調査と会わせてみても「出会い」をつくって「カップルを増やす」ことが結婚を増やす第一歩と言うことがわかります。さらに、男性は「経済力」を身につける必要があることもわかりました。不況の時こそ「経済力」が求められてしまう。


なかなか大変な世の中になってきてしまいました。

(注1)国立社会保障・人口問題研究所『第14回出生動向基本調査(独身者票)』【表2-1 未婚者の異性との交際の状況】より


データは、18歳から34歳の未婚者の集計

(注2)国立社会保障・人口問題研究所『第14回出生動向基本調査(独身者票)』【表2-2 未婚者の性体験の構成】よりデータは、18歳から34歳の未婚者の集計



(単位:%)男性女性
適当相手にめぐり会わない 46.2 51.3 結婚できない理由
結婚資金が足りない 30.3 16.5 結婚できない理由
まだ必要性を感じない 31.2 30.6 結婚しない理由
自由や気楽さを失いたくない 25.5 31.1 結婚しない理由
趣味や娯楽を楽しみたい 21.2 20.7 結婚しない理由
仕事(学業)にうちこみたい 17.8 16.9 結婚しない理由
2010年調査2002年調査
(%) 男性 女性 男性女性
人柄 74.4 88.4 73.490.1
経済力 4.0 42.03.233.9
職業 5.0 31.9 3.422.8
容姿22.9 15.6 20.214.1
学歴 2.7 8.31.95.8
家事の能力 47.5 62.444.058.7
仕事への理解 42.9 48.9 43.352.1
共通の趣味 21.1 24.8 22.728.2

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

織田隼人
織田隼人

心理コーディネーター。男性と女性の心理の違いを専門とし研究をしている。主に講演活動、執筆活動を通して男女の心理の違いを広めている。それらが基となった恋や結婚にまつわる情報は多くの女性から人気が高い。著書に『彼に浮気をやめてほしい貴女へ』『愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女』『彼と復縁したい貴女へ』(あさ出版)、『ハッピーメール塾』(大和書房)、などがある。
公式ブログ:男心と女心 男女の心理の違いを鋭く解説!

web:織田隼人の恋愛、心理学のページ