• blog
  • 2016.11.14

バレンタインには、チョコじゃなくてドリアを贈る?!

恋愛料理研究家の大瀬由生子です。

気がつくと年もあけ・・・とうに一ヶ月以上過ぎてしまったわけで
すっかりご無沙汰してしまいました。
そして、もうすぐバレンタインデーですね。

今年はどんなバレンタインを過ごそうか・・・
バレンタインは女子が告白してもいい日なんだから、ここぞと!バシッと決めちゃてください。

バレンタインにはやはり、定番で手作りチョコをおくりますか?
みんな手作りチョコっていうけど、仕上がりが素人丸出しで、味もいまひとつなら、いくら手作りでも食べたくないじゃん男子だって(笑)
ならば、いっそ意表をついて、ミートドリアでも贈っちゃいましょうーよ。これはインパクトあるよ~戦略は「印象に残す」です!

ミートドリア+メッセージを書いたカード+高級だけど小さいチョコレート。このセットで!
おうちに帰って、チンとして温めて、ホカホカしたドリアを食べるとき、貴方からのメッセージを読む彼。
暖かいドリアでカラダも温まりつつ、メッセージも心にしみる~そして〆は、小さいけど、美味しいチョコレート。これで完璧!
注:チョコレート選びも大事なので、センスよくね~

さて、ミートドリアの作り方ですが、市販の缶詰ソースを使うので、手間なし~
下記のレシピは四人分ですが、缶詰1/2で半分残ってもそのあとどうするの?になってしまうから、いっそ4つ作り、残りは冷凍しておいて。
おうちに冷凍の手作りドリアがあれば、疲れて帰った日にも、わびしいコンビニ弁当にならないよん。
ミートドリア


ミートドリア

市販のミートソース1缶 合びき肉100g ホワイトソース缶1缶 牛乳大2

ピザ用チーズ120g バター大2 ごはん600g

①    フライパンにサラダ油少々を加え、合いびき肉に塩・こしょうをして炒める。そこに市販のミートソースを加えて温める。

②    炊いたごはんにバターを加え、よく混ぜる。

③    器にごはんを入れ、平らにならす。

④    ボウルにホワイトソースを入れ、牛乳を加えて混ぜる。

⑤    ごはんに④のホワイトソースを全体にぬるようにのせる。

⑥    そのうえにピザ用チーズをちらし、真ん中にミートソースをのせる。

⑦    粉チーズをふり、オーブントースターに入れて表面にごんがりと焼き色がつくまで5分ほど焼く。

*オーブンを200度に温めて、5分ぐらい焼いてもよい。


器は、100円ショップで、陶器のグラタン皿とかでも、使い捨ての容器などでもOK.。
ラップしたあと、可愛くラッピングしてね。
メッセージカードには、貴方と彼にしかわからないエピソードなどを添えてみて。
なにはともあれ、心をこめてね~


このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

大瀬由生子
大瀬由生子

短期大学食物学科で栄養士免許を取得。料理研究家、テーブルコーディネーター、フードコーディネーター、レストランプロデュースなど、食に関してさまざまな顔を持つプロフェッショナル。“恋愛は、食でもっと楽しくなる”をモットーに忙しいAM読者たちに簡単でおしゃれ、さらに健康的なフードを届けていきたいと考えている。 著書は、『たっぷり野菜のヘルシーレシピ』(東京書店)、『もらってうれしいチョコレート』(ブティック社)など多数。身近な食材で作る簡単で見栄えのする料理、さらにどんな料理でもオシャレに見せるテクニックは必見! AMブログのほかにON・table「おいしい幸せ♪」 も運営。大学生の母としてのやさしい一面も。