• blog
  • 2016.11.14

暑い夏もイキイキ!お鍋ひとつで豚しゃぶ素麺

  • keyword:
恋愛料理研究家の大瀬由生子です。

梅雨もあけて、夏がやってきたね~
皆さん、お元気ーーーー?!
という私、冬生まれのせいか、夏は苦手です。

いつも元気だねと言われるんですが、
夏は、「今日は暑いから、やめとこ」って
暑さを理由に、掃除するのをやめたり、買い物いくのやめたり、
料理も「簡単なものでいいっか」になっちゃう(^_^;)
しかも、「こう暑くちゃさっぱりしたものが食べたいわ~」と思ってしまうので
夏は、素麺の頻度が高くなる・・・

ただし、素麺だけ食べてたんじゃ、栄養的によくない!
お年頃をとうに過ぎた私なんぞは、ともかくとして
若い女子は、開放的になる夏にこそ、新しい恋をゲットするぞーー!と
気合を入れて、しっかり食べて暑い夏もイキイキとしていなくちゃだよ!

そこで、夏の元気食材としておすすめなのは、
代謝を高め、疲労回復効果がある豚肉!
豚肉にはビタミンB1が多く含まれ、多々ある食品の中でもトップクラスの食材。
ならば、素麺にプラスすれば、いいじゃんってってことで、
今日のメニューは「豚しゃぶそうめん」
1つの鍋でしゃぶしゃぶに肉も茹でて、その湯を捨てずに素麺を茹でてお水とガスのエコもしちゃうよ。

豚しゃぶ素麺
豚しゃぶ素麺

【材料】2人前
豚肉(しゃぶしゃぶ用)140g 素麺2束 大葉3枚 長葱5㎝ みょうが1個
めんつゆ(市販・希釈用)適宜

【作り方】
① 沸騰した湯に、肉を入れ火を通し、希釈しためんつゆにつけておく。
② ①の湯のアクをとり、素麺を茹でる。
③ 茹で上がった素麺をザルにあけ、水でぬめりをとり、水気をきる。
④ ③を器に盛り、1の肉をめんつゆごとかける。
⑤ 刻んだ長葱、大葉とみょうがをのせる。
*ビタミンB1は、汗でながれちゃうという難点もあるので、ビタミンB1の吸収を高めてくれる辛味成分のある食材を合わせるのがポイント!
玉ねぎやねぎ、にんにく、にらなどの野菜と一緒に摂るとバッチリです。
さらに、胡瓜やトマトなどの夏野菜を添えると彩りもよく栄養価も上がるので、おすすめ!


元気になってこの夏、出会いをみつけるのもよし、彼との思い出をいっぱい作るのもよし~
さぁ、夏は始まったばかりだよーーーーー!

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

大瀬由生子
大瀬由生子

短期大学食物学科で栄養士免許を取得。料理研究家、テーブルコーディネーター、フードコーディネーター、レストランプロデュースなど、食に関してさまざまな顔を持つプロフェッショナル。“恋愛は、食でもっと楽しくなる”をモットーに忙しいAM読者たちに簡単でおしゃれ、さらに健康的なフードを届けていきたいと考えている。 著書は、『たっぷり野菜のヘルシーレシピ』(東京書店)、『もらってうれしいチョコレート』(ブティック社)など多数。身近な食材で作る簡単で見栄えのする料理、さらにどんな料理でもオシャレに見せるテクニックは必見! AMブログのほかにON・table「おいしい幸せ♪」 も運営。大学生の母としてのやさしい一面も。