• blog
  • 2016.11.14

フライパン1つでマカロニグラタン!

  • keyword:

恋愛料理研究家の大瀬由生子です。

今週は、いよいよバレンタインデーだね~バレンタインデーには、彼とどう過ごすの?
ロマンチックといわれるデートスポットは、どこも混んでるじゃない、カップルだらけの中に混じって、愛を語るなんて、なんだかなぁって思わない?!しかも他のカップルを横目でチラッと見たりして、気になるんじゃシラケルしね。

オシャレなレストランで食事ったって、それなりにお金もかかるでしょ。高い割には満足しないってことも多々あるよね。だからっていつもの居酒屋さんじゃちょっと違うって気もするし。だったら、2人でおうちごはんなんてどう?

一緒にごはん食べながら2人の思い出の曲を流しつつ、一緒に出かけた楽しかったことなんかを振り返って、今までの2人の時間を確かめ合うの~そんな風に盛り上がった暁には、いつもは照れちゃって言えない好きって言葉を、あらためて言う・・・そんな日がバレンタインデーなんじゃないかと思う。

高価な品物はなくても愛の言葉のシャワーを浴びせる・・・これってお金では買えない素敵なプレゼントだと思うよ。

男子は、高価な品はなくても温かい思いにホロっとくる動物だから。ちなみに女子は、言葉のプレゼントだけじゃ許さない(^^;)高価な品物もちゃんと欲しいんだよね(笑)実は男子の方が女子より、はるかにロマンチックなんだよ

だからって張り切りすぎる演出は自己満足ってもん!相手の喜ぶことをさりげなくっていうのがホントのおもてなしだと思う。頑張りすぎたのが伝わったら負けだと思うくらいで丁度いい(笑)

 

さて、そんなバレンタインデーにさりげなく作る料理は・・・「マカロニグラタン」

トロ~とチーズがとけてハフハフいいながら2人で食べるっていいでしょ。
温かいっていうのもあるけど、グラタンの良いところは、なんたって作り置きできる!これは大きなポイントだよ!
当日、バタバタ作らなくていいから、気持ちに余裕がもてる。大事なときに気持ちに余裕が持てるってすごく嬉しいことだよね~
しかもね、ホワイトソースから作る本格的なグラタンだけど、フライパン1つで作るっていう、ご機嫌な簡単さ!これは覚えておくべきでしょ~

では、作り方を伝授しましょう♪
 

フライパン1つ マカロニグラタン(4個分)

まかろにグラタン

材料

玉ねぎ1個 ベーコン5枚 しめじ1パック マギーブイヨン2個  

バター20g 小麦粉大3 

牛乳700cc マカロニ100g ピザチーズ適宜 微塵切りのパセリ適宜
 
作り方 
 

①    玉ねぎとベーコンを薄切りにする。しめじは根元を切り落としてほぐす。
 

②    フライパンにバターを入れ、玉ねぎとベーコンをいため、次にしめじを入れて炒める。
 

③    小麦粉、牛乳、マギーブイヨン、マカロニの順に加え入れて、かき混ぜ、蓋をして火にかける。
沸騰したら弱火にして、焦げないようにときどき混ぜながら煮る。(煮詰まってしまったら水を加えてね)
 

④    マカロニが柔らかくなり、とろみがついたらグラタン皿に分けて入れ、チーズをのせオーブントースターでチーズがこんがり焼けるまで温める。

*残ったら冷凍しておけば、何にもしたくない日にチンして食べることもできて便利


レシピは簡単だけど、愛情というスパイスをたっぷり入れて作れば、きっと美味しくなるし、食べた彼に思いがちゃんと届くよ~

 


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

大瀬由生子
大瀬由生子

短期大学食物学科で栄養士免許を取得。料理研究家、テーブルコーディネーター、フードコーディネーター、レストランプロデュースなど、食に関してさまざまな顔を持つプロフェッショナル。“恋愛は、食でもっと楽しくなる”をモットーに忙しいAM読者たちに簡単でおしゃれ、さらに健康的なフードを届けていきたいと考えている。 著書は、『たっぷり野菜のヘルシーレシピ』(東京書店)、『もらってうれしいチョコレート』(ブティック社)など多数。身近な食材で作る簡単で見栄えのする料理、さらにどんな料理でもオシャレに見せるテクニックは必見! AMブログのほかにON・table「おいしい幸せ♪」 も運営。大学生の母としてのやさしい一面も。