• blog
  • 2016.11.14

疲労回復・美肌効果ありの豚バラ丼

  • keyword:
先日、久々に会った女友達と話して
「仕事が忙しくなると彼に会いたくなる」ってyちゃんがいうと、mちゃんは「仕事しか考えられなくなるから、忙しいとまず会いたくなるってことはないわ~けど、仕事が落ち着くとメッチャ会いたくなるけど」と。
yちゃんは「私は、仕事をガンガンしてると、ものすごくエネルギーがみなぎってくる。」って。完全なる肉食女子だし(笑)彼女に限らず、私の周りには、肉食女子が多いのよね。
けど、私の周りの肉食女子は、見た目は物腰柔らかい。しかし考え方・生き方は男っぽい。肉食女子って、嫁さんにしたらイイ女性だと思うよ(笑)なぜか皆、独身だけど・・・(^^;) 

それからね、こんな話もしました。
「男って、マッチョだろうが、年上だろうが、正統派美形だろうが、関係なく「甘えん坊で威張りたがり」だよ。」「男っていつまでも子供なのかな。なら女は母親にならなきゃってこと?!」「母親できる女が、男にとって別れられない女になるのかもね~」
しょーもない男たちの面倒をみていく女は、やっぱ肉食じゃなきゃダメざんすッ!
草食じゃやってられませんッ(笑)

ってことで、女子たちにエールを送るためにも
今日は、ガッツリ肉食料理を紹介します。
それは、私の大好きな「豚バラ丼」です。
塩胡椒した豚肉を焼いて、バター醤油に絡めるだけ。
大葉をたっぷりのせると美味しいの!
豚肉はね、しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉を使います。
しゃぶしゃぶ肉に塩胡椒して、油を落としてカリッと焼いただけでも、私は凄く好きだけどね~
ぶたばら丼

【豚バラ丼】2人分

材料
しゃぶしゃぶ用薄切り豚バラ肉200ℊ 塩・胡椒適宜 
バター大2 醤油大1~2 大葉6枚ぐらい いりゴマ適宜

作り方
①豚バラ肉に塩胡椒を少し強めに振っておく。長ければ半分に切る。
②フライパンに油を引かず、1の肉を入れて焼く。油をしっかり出す。
③フライパンから肉を取り出し、フライパンに残った油をキッチンペーパーで取る。
④油をとったフライパンを熱し、バターを入れ溶かしたら、取り出しておいた豚肉を入れてバターを絡めて温まったら、醤油を入れる。
⑤どんぶりにごはんを入れ、4の肉とバター醤油のタレも一緒にのせる。
⑥千切りにした大葉をたっぷりのせる。いりゴマをふりかける。

豚肉って油っこいってイメージあるけど、ちゃんと焼いて油を落とせばokよ。
実は豚肉ってね、ビタミンB群が含まれているから、肌荒れにも効果的。
しかもね、ビタミンB1が牛肉の10倍も含まれています。
ビタミンB1は、疲労回復・滋養強壮に効くんですよ。
豚肉食べて、疲労回復しお肌ツルツルなんだったら、
肉食女子も悪くないね(笑)


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

大瀬由生子
大瀬由生子

短期大学食物学科で栄養士免許を取得。料理研究家、テーブルコーディネーター、フードコーディネーター、レストランプロデュースなど、食に関してさまざまな顔を持つプロフェッショナル。“恋愛は、食でもっと楽しくなる”をモットーに忙しいAM読者たちに簡単でおしゃれ、さらに健康的なフードを届けていきたいと考えている。 著書は、『たっぷり野菜のヘルシーレシピ』(東京書店)、『もらってうれしいチョコレート』(ブティック社)など多数。身近な食材で作る簡単で見栄えのする料理、さらにどんな料理でもオシャレに見せるテクニックは必見! AMブログのほかにON・table「おいしい幸せ♪」 も運営。大学生の母としてのやさしい一面も。