• blog
  • 2016.11.14

キュウリさえあれば出来ちゃう!簡単おつまみ

  • keyword:

毎日、メッチャ暑い 本格的な夏になってきたね~

そんな暑い毎日ですが、
夏バテしてない?冷房に当たりすぎて体調壊してない?
健康管理ができるのも、女子力に必要な条件だよ。

暑い暑いって言ってないで、まずは、ちゃんと食べるってこと!
できるだけ旬の野菜をね~

旬の野菜って、美味しいというだけじゃなくて、体にもイイんだから!
今まさに旬の、夏野菜には、
夏の暑さで火照ったり体を冷やしてくれる働きがあるんだよ。
(その逆に冬の根菜類は、体を温める働きがあります)

こんな風に旬の野菜には、
人間の体を、四季のリズムに合わせる効果を与えてくれるの。
そう考えると人間も自然界の一部だなぁと実感するよね。
だから、自然のサイクルに逆らって、
むやみに冷房で体を冷やしたりすると、体調を崩しちゃったりするわけ。
旬の夏野菜を食べて、体の中から冷やしてみるのもいいんじゃない?

さて夏野菜の代表といえば、キュウリ、トマト、ナス・・・
その中でも、特にカリウムの多いキュウリは、
利尿作用が高く、
体にこもった熱を尿と一緒に排出してくれるし、
むくみもの防止にも効果あり!

そこで、今日は
キュウリがあれば出来ちゃうレシピを伝授します

「キュウリのニンニクソース和え」

中華料理では、涼伴黄瓜(リャンバンホアングア)といってメジャーな料理。
近所の中華屋さんで毎回、頼むお気に入りのメニューです。
大好きなメニューだから家でも食べたくって
こんな味かな?って再現してみたレシピ。
ビールのつまみとして最高だよッ!

きゅうり

【材料】

キュウリ3本 
ウェイパー(中華調味料)ウェイパー大1  湯大1 

にんにく1片 ごま油大1 唐辛子1本

【作り方】

①キュウリは乱切りにする。

②ボウルにウェイパー(中華調味料)を湯で溶き、にんにくのすりおろしとごま油を加え混ぜる。

③1のキュウリを加えて味をなじませ、ジップロックなどに入れて冷蔵庫で冷やしておく。

④3を器に盛り、種を取った唐辛子を輪切りにして飾る。


医食同源・・・体の中から美しくなるって大事だよ!

旬の野菜をキチンと食べて、健康的に暑い夏を乗り越えよう~






関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

大瀬由生子
大瀬由生子

短期大学食物学科で栄養士免許を取得。料理研究家、テーブルコーディネーター、フードコーディネーター、レストランプロデュースなど、食に関してさまざまな顔を持つプロフェッショナル。“恋愛は、食でもっと楽しくなる”をモットーに忙しいAM読者たちに簡単でおしゃれ、さらに健康的なフードを届けていきたいと考えている。 著書は、『たっぷり野菜のヘルシーレシピ』(東京書店)、『もらってうれしいチョコレート』(ブティック社)など多数。身近な食材で作る簡単で見栄えのする料理、さらにどんな料理でもオシャレに見せるテクニックは必見! AMブログのほかにON・table「おいしい幸せ♪」 も運営。大学生の母としてのやさしい一面も。