• blog
  • 2016.11.14

日本の夏満喫作戦は、水ようかん!

  • keyword:

ジリジリと暑い夏が迫ってきてるね~

暑い夏はちょっとゲンナリだけど
浴衣でお祭り!花火大会!
っていう日本の夏を楽しめる時期でもある!

そんな日本の夏を満喫するのに、おすすめの一品をご紹介します。

「水ようかん」です!
06020166

男子は、
ケーキやクッキーなどの洋菓子よりも、和菓子だと、
「え!和菓子作れるの?」的な、新鮮な驚きがある!

しかも、和菓子を作る、つまり古風な一面があるってことに、
男子はグッとくるはず~!

ケーキやゼリーより、水ようかんは、まちがいなくインパクト大だよ♪
やっぱりさ、男女の仲は、インパクトを与え続けるって大事だと思うよ。

ん・・・例えば、洋服(=洋菓子)と浴衣(=和菓子)?!
浴衣の女子は、いつもと違う色気があるじゃん!
浴衣の女子を見て、ドキッとして惚れ直す~そんな感じ(笑)

いっそ
彼のお家に行くときに、浴衣を着て、
手土産に水みずようかんを風呂敷に包んで・・・
これはやりすぎかなぁ?
イヤイヤ、私は、浴衣、水ようかん、風呂敷って感じで攻めてみたいな~
日本の夏、満喫 インパクト大作戦だよ(笑)

でも、和菓子って難しくない?って?
和菓子、難しいイメージがあるかもしれなけど
水ようかんは、メッーーーチャ簡単!

スーパーで“こしあん”と“粉寒天”買ってくれば準備OK
さて、作り方を伝授しましょう~♪

【水ようかん】

材料

粉寒天2g 水300cc 砂糖30g こしあん300g 

作り方

①    鍋に寒天と水と砂糖を入れ、沸騰してから1分間以上煮る。

②    1に餡を少しずつ入れ、2~3分煮る。

③    粗熱をとったら、流し缶に入れ、気温の低めなところにおいて固める。(冷蔵庫にいれなくても常温で固まるけど、冷やして食べたほうが美味しい)

④    食べやすい大きさに切って頂く。

寒天を煮て、その中にあんをいれて、かき混ぜたらOKっていう簡単さ!
ポイントは、寒天を沸騰させて1分以上煮るってこと。寒天がちゃんと煮とけないとかたまらない恐れがあるからね~

あと、寒天は、ゼリーと違って、そのまま置いておけば、固まってくるの。
水で冷やしても固まってきます。
けど、粗熱をとって冷蔵庫に入れておけば、もっとはやく固まるから。
はっぱを敷いてあげると、オシャレ感がでるので、是非 葉っぱを敷いて。

ではお試しあれ~


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

大瀬由生子
大瀬由生子

短期大学食物学科で栄養士免許を取得。料理研究家、テーブルコーディネーター、フードコーディネーター、レストランプロデュースなど、食に関してさまざまな顔を持つプロフェッショナル。“恋愛は、食でもっと楽しくなる”をモットーに忙しいAM読者たちに簡単でおしゃれ、さらに健康的なフードを届けていきたいと考えている。 著書は、『たっぷり野菜のヘルシーレシピ』(東京書店)、『もらってうれしいチョコレート』(ブティック社)など多数。身近な食材で作る簡単で見栄えのする料理、さらにどんな料理でもオシャレに見せるテクニックは必見! AMブログのほかにON・table「おいしい幸せ♪」 も運営。大学生の母としてのやさしい一面も。