• blog
  • 2016.11.14

コンビニの材料で作れる「トライフル」

  • keyword:

フードコーディネーターの大瀬由生子です。

ロンドンオリンピックまであと1カ月だね!
彼と一緒にテレビを見ながら応援、なんてこともあるよね。
そんなときに、さりげなく手作りデザートなんて出しちゃったら
男心をグッと引き寄せたりしちゃうかもよ

どんな手作りデザートがおすすめか・・・
ロンドンオリンピックにちなんで、
イギリスの伝統菓子「トライフル」なんていかが?
トライフル

トライフルって “つまらないもの”という意味。
基本的には、残ったカステラや、フルーツなど、
冷蔵庫や食料庫の残り物で作るデザートです。

ロンドンオリンピックっていうのにひっかけたのもあるけど、
もう一つ、頑張りましたっていうデザートより、
ちょっと作ってみましたって感じのデザートっていうのもポイントだと思うよ。
「結婚したら、こんな風に冷蔵庫にあるもので、
チャチャっと美味しいもの作ってくれるのかな~」という
イイ奥さん像を思い浮かべちゃうもの!

男は、なんだかんだ言ったって、家庭的な女が好きだからね(^^;)
バリバリ仕事している女性なら、なおさら、
家庭的な雰囲気がチラっと見えたら、そのギャップにグッとくるよ、きっと!

さてトライフルの作り方は、
市販のカステラ(スポンジケーキ)、カットしたフルーツ、カスタードクリームの順で
2層に重ねていくだけ。

え?カスタードクリームってどうやってつくるの?って
はいはい、超ーー簡単なカスタードクリームの作り方、教えちゃいます!

電子レンジで2回チンすればできちゃうんですよ。
しかも材料は、卵1個と砂糖、薄力粉、牛乳だけ!

それでは、カスタードクリームのレシピ、教えますね。

【材料】

砂糖50g 薄力粉20g 卵(L)1個 牛乳200cc

【作り方】

①耐熱ボウル(どんぶりなどの器でもよい)に砂糖と薄力粉を混ぜる。
その中に卵を割りいれ、泡たて器でよく混ぜる。

②次に、牛乳を加えよく混ぜたら、ラップしないで電子レンジ600wで2分チン!

③一度取り出し、かき混ぜて、再び電子レンジ600wで1分30秒チン!

④泡たて器でかき混ぜて、トロミがつけば完成!
風味付けにバニラエッセンスを2、3滴入れたり、
またはラム酒を少々加えても大人の味にしてもよし♪

⑤乾燥しないようにラップをクリームに貼り付けるようにラップして、
粗熱をとったら冷蔵庫へで冷やします。


カスタードクリームが出来たら、コンビニで売っているカステラとか、
ヤマ〇キのスイスロールのような、スポンジケーキ、
そして缶詰のフルーツでもOK!
今の時期なら、キウイと缶詰の黄桃が、色合い的にも涼しげで私はお気に入り!
季節によっては苺やメロン、バナナなどもあり。

カスタードクリームも作る時間がないという人は、
市販のプリンをカスタードクリームの代わりにして作るっていうのもヨシとしよう。

写真は、市販の生クリームを絞って、アメリカンチェリーをのせて、
クッキーで作ったスプーンを添えてみましたが、
そこまでしなくても充分、美味しくて可愛いから、大丈夫!

まずは、チン2回して、カスタードクリーム、試作してみて~
食パンに、
カットしたバナナをのっけて、カスタードクリームをのせて食べても美味しいよん♪


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

大瀬由生子
大瀬由生子

短期大学食物学科で栄養士免許を取得。料理研究家、テーブルコーディネーター、フードコーディネーター、レストランプロデュースなど、食に関してさまざまな顔を持つプロフェッショナル。“恋愛は、食でもっと楽しくなる”をモットーに忙しいAM読者たちに簡単でおしゃれ、さらに健康的なフードを届けていきたいと考えている。 著書は、『たっぷり野菜のヘルシーレシピ』(東京書店)、『もらってうれしいチョコレート』(ブティック社)など多数。身近な食材で作る簡単で見栄えのする料理、さらにどんな料理でもオシャレに見せるテクニックは必見! AMブログのほかにON・table「おいしい幸せ♪」 も運営。大学生の母としてのやさしい一面も。