• blog
  • 2016.11.14

肌と睡眠の関係  芝崎

皆さまこんにちは。

お花見には行かれたでしょうか?

1396415700721

私は先日、ゆっくり花を眺めてきました。

桜の花に癒され、つくづく日本人なんだなぁと、思いました・・・

今お花見や歓送迎会など飲み会多い時期

生活リズムが崩れて、お肌の状態、悪くなっていませんか?

お付き合いが夜遅くまで続き睡眠不足になっていませんか?

肌のハリや美肌、美白にする基本は「正しい睡眠」
睡眠が健康的なお肌に関係があることは、多くの方が知る所ですが・・・

睡眠の活動が最も活発になるのが、寝た直後から3時間くらいほどまでの間

その名もエンジェルタイム”“お肌のゴールデンタイム”(*゚∀゚*)

就寝後3時間の間は、肌のダメージや体の疲れを取るために成長ホルモンが最も分泌します

紫外線や乾燥、雑菌などによる肌トラブルも、寝ている間に修復されてキレイに なるそうです

肌のハリや潤いを保ちたいのなら、寝てまもなく(3時間は)深い眠りにつくことが重要!

※目の下のくま
睡眠不足=くまができるのは常識ですが・・・

睡眠時間が短い→活動的な神経である「交感神経」がなかなか静まらない→
交感神経が活発だと、血管がキュッと引き締まったままなので→血行不良から血液がドロドロに(*_*;)

そのドロドロの血液が、どんよりとしたクマの原因!

良い睡眠をとるには・・・

1)入浴や温かい飲み物で血行を良くする

2)リラックス効果のある香りをかぐ

3)脳を刺激しないようにする

寝る直前までパソコンやスマートフォンを使っているとブルーライトによって脳が刺激されるので要注意!

光や音の刺激は避け、寝るときは部屋を暗くして静かな環境で

質の良い睡眠をとるように工夫し、美肌を保ちましょう!

(・・・理想の睡眠時間は最低6時間だそうです)

 

美肌を育む“エンジェルタイム”とは

という言葉は聞いたことがあると言う人が多いのではないでしょうか。

夜22時から午前2時を指し示す言葉で、1日のうちで成長ホルモンの分泌が最も盛んな時間帯です。こ

けれど、現代人が夜22時から睡眠をとることはなかなか難しいもの。もちろん22時に寝ることが理想的ではありますが、

今のライフスタイルとは合わないという意見も多いのです。その代わりに「眠り始めの最初の3時間の質を高める」という方法があります。

それは最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されることが分かってきているためです。22時に寝ようとして無理をするよりも、

この眠り始めの質を高めて、睡眠を上手に活用するほうが懸命です。


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ギャレリアコレクション
ギャレリアコレクション

”ギャレリアコレクション”は世界中のドレスから、オーナーがセレクトした逸品がそろうインポートウェディングドレスショップ。憧れのウェディングショップとして挙げられることも多く、”PRONOVIAS”をはじめとする取扱いブランドは、海外のセレブからも広く愛されているものばかり。スタッフの皆さんが、小物含め、花嫁様たちを美しくトータルコーディネートしてくれます。
webサイト
公式ブログ