• blog
  • 2016.11.14

熊本城マラソン走ってきました!

  • keyword:
2月19日、第1回熊本城マラソンを走ってきました!


今回は「ゲストランナー」としてお招きいただきました。
ゼッケンには名前が!

120219_0829~01
この大会は「熊本城マラソン」として
・歴史めぐりフルマラソン
・金栗記念熊日30キロロードレース
・城下町4キロ
の種目があり、合計で10,000人が参加しました。

コースは熊本城を背にスタートし、熊本市街、郊外を走り、最後は熊本城まで戻ってきてゴール。
市街地を抜けて、田園地帯を通り、川尻という昔の街並みが残っている地域を走ったり、最後は熊本城の長い石垣の脇をずっと上っていったり、景色も変化に富んでいて楽しめました。
途中に川を渡る橋やトンネルなどの坂はありますが、全体的にはフラットなところが多く思っていたよりはきつくないという印象でしたよ。


そして何より、沿道の方の声援がものすごく温かかった!
42.195km途切れることのない声援が、ずーっと続いていました


地元のおばあちゃんが沿道で「がんばってね~」と応援してくれて、思わず自分のおばあちゃんを思い出してこっちから手を振っちゃうし、子供たちがハイタッチしてくれて元気がもらえたし、こういうのってランナーには本当にありがたいんですよね。
太鼓の演奏での応援もあちこちでありました。やっぱり日本人だからか、太鼓の響きって気合が入りますね。

また、大会公式のエイドステーション(給水・給食)以外にも、地元の方が飴・みかん・バナナ・トマト・ホットカルピスなどなど、たくさんの差し入れがありました。これも嬉しい~!



私はこれまで20回以上フルマラソンを走っていますが、国内は関東・大阪でしか走ったことがなかったので、九州で知り合いもほとんどいないなかで走るのはなんだか不思議な気分でした。
でも、ゼッケンに名前が入っているので名前を呼んでくれる人もたくさんいたし、「女性がんばれ~」とか、「かわいい~」「きれい~」「かっこいい~」などなど嬉しい声援も
なかには「お姉さん、化粧のノリがいいよ~!」という声も。思わず振り返ってどうも!と返事してしまいました!笑


マラソンって、こういう沿道の人やボランティアのスタッフの方とも交流があるから楽しいんですよね。
自分だけでなくていろんな人の力ももらえるから走れるんだなぁ~としみじみ感じました。
120218_1417~01
ゴールの熊本城!近くで見たら大迫力でした。
熊本城マラソン、おすすめですよ!

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

池田美穂
池田美穂

1981年生まれ。株式会社アシックス  アシックスランニングクラブコーチ。東京マラソンやホノルルマラソンなどの市民マラソンから、横浜国際女子マラソンなどの国際レースまで、多くのレースに出場。全国各地でランニング指導を行うとともに、タレントやモデルなど、著名人のパーソナルコーチも担当し、彼らをマラソン完走へと導いている。『RUN女子入門~自分を変えるランニング』、『ランニング手帳2012』(共にディスカヴァー)の著書。
web:ASICS KiREI Site
Twitter:asics_l_miho