• blog
  • 2016.11.14

ゴールドコーストマラソン!後編♪

  • keyword:

スタートはまだ肌寒い朝の7時20分。さぁ、みんなで出発です!

120701_0544~01
今年からは持ちタイム別にスタートエリアが決められ、私はタイムによる優先エリアからスタートなので、すぐ目の前には川内優輝選手などの招待選手の姿も!
スタートから貴重な経験となりました。



沿道では、地元の方が家の前にベンチを出して応援してくれたり、子供たちがハイタッチしてくれたり。
子供たち、お人形さんみたいで、すごくかわいいー!
また毎年いるおすもうさんのコスプレをしている女性もいました!
お天気もよくて、海や青空や、公園の緑が鮮やかでとてもきれい。
062216


撮影で来ていたアシックスのスタッフや、西谷綾子ちゃんの撮影のランドリのスタッフさんにも沿道で応援してもらい、15km過ぎで一回目の折り返し。
そこからはいっしょに参加しているラン仲間など後続のランナーとも会うことが出来ます♪


今回は3時間ペースの集団に途中までついて走りました。
混んでいて給水が取れない箇所もありましたが、集団でいっしょに走っているランナーが水を分けてくれたりもしました。
また、段差があるところでは、前を走っているランナーがそれを示すように合図をしてくれたりと、なんてオージーは優しいんだろう、と感激!
集団で走ることの楽しさも今回はしっかり味わってしまいました♪



しかしそんな状況も長くは続かず・・・集団のペースが少しずつ上がってきたので、私はそこから離れ、30kmからは一人旅に。
例年よりもかなり暑く、水を首や腕にかけたりしながら走っていました。
今回は予想以上の暑さに、脱水症状になってしまった人もいたようです。


徐々に脚が重くなってきますが、フィニッシュエリア付近では、旅行会社の方や先にゴールしたハーフマラソンのランナーなども応援してくれて、いちばんの盛り上がり。
今回のJTBの添乗員さんは、ランニング初心者にも関わらず前日の5kmにも急きょ参加したりと、私たちのツアーをすごく盛り上げてくれました。
その添乗員さんからもせいいっぱいの応援を受け、いよいよ残り10km!がんばるよー!


次の折り返しは36km、ここからはだれもがつらいところ。
私も脚が重くて呼吸もきつくて、少しずつペースが落ちてきてしまいましたが、前を行く島田コーチから声をかけてもらいパワーをもらいました!
そして私も折り返してからは、後ろから来る仲間たちに声をかけます。


39km付近では、大画面にてEXPOで撮影した映像が流れました。(15kmは混雑していたのか、映像を確認できず・・・。)
仲間の応援メッセージをここで見ることが出来て、すごく勇気付けられました!


フィニッシュのサウスポートの鮮やかな景色を眺めていると、脚は重いけれど、気持ちは晴れ晴れして軽くなるからふしぎです。

120701_1304~01

最後はたくさんの観客に応援されながらフィニッシュ!!
タイムは3時間3分47秒で、後半かなりばてましたが、名古屋ウィメンズマラソンでの自己ベストに次ぐ、セカンドベストで走りきることが出来ました。
完走Tシャツ&完走メダル!
120701_1054~01

3時間3分、太陽が輝く街だからこその、”サンサン”タイム~♪
疲れたけど、後半すごくきつかったけど、今回は「無難な走り」ではなく「チャレンジする走り」ができたので、すがすがしい気持ちになりました!
日本からもたくさんの応援メッセージをいただきました!本当にありがとうございました☆☆☆
ゴール後はずっと、ゴール300m手前に設置されたテントにてランナーを応援♪

IMG_1752
この応援も楽しいんです!
「がんばれーあと少しー!」とか、イケメンを見つけては「カッコイー!」女の子を見つけては「かわいー!」さらにカップルを見つけては「アツイねー!ひゅーひゅー!」(古っ!)などなど。。。
痛そうに足を引きずっているランナーも、応援するとまた走り出したりと、ランナーと応援との一体感も楽しいものです。


初マラソンのメンバーも、無事ゴール♪

IMG_4741
今年も楽しいマラソンでしたー!!!


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

池田美穂
池田美穂

1981年生まれ。株式会社アシックス  アシックスランニングクラブコーチ。東京マラソンやホノルルマラソンなどの市民マラソンから、横浜国際女子マラソンなどの国際レースまで、多くのレースに出場。全国各地でランニング指導を行うとともに、タレントやモデルなど、著名人のパーソナルコーチも担当し、彼らをマラソン完走へと導いている。『RUN女子入門~自分を変えるランニング』、『ランニング手帳2012』(共にディスカヴァー)の著書。
web:ASICS KiREI Site
Twitter:asics_l_miho