• blog
  • 2016.11.14

ゴールドコーストマラソンに向けて

  • keyword:
ゴールドコーストマラソンに向けて、久しぶりにネイルしました!
1206nail
シンプルにピンクのフレンチにゴールドのラメラインにしました。
普段はネイルはしないので、これは私にとっては「願掛け」みたいなものかな?
マラソン中にきつくなってきたら、手元を見てちょっとでも元気が出ればいいなと思います!



ちなみに私はランニングウォッチは左手にするのですが、タイムを狙ってしっかり走る場合には、左手の甲に目標ペースを書いておくようにしています。
(ランニングウォッチを右手につける方は、右の手の甲に書くといいですよ。)
レース後半、エネルギーがだんだんなくなってくると集中力や考える力が衰えてきて、簡単なタイム計算も出来なくなってしまうので・・・、5kmごと・または10kmごとの目安のタイムを書いておき、前半はそれより速くなりすぎないように、後半は落とさないようにと心がけて走ります。
ジェルなど補給食を摂るタイミングを忘れてしまいそうな場合は、それもいっしょに書いておきます。
その日の体調とペースを把握してコントロールすることが、レースでは非常に重要ですからね!




ランニングウォッチは、レースではSEIKO×アシックスのものを愛用中。→アシックスウォッチ
p-cqar_0106
これ、すごくいいですよ。
小さくてとにかく軽いし、手首にしっかりとフィットして揺れません。
レース中にいちばん使う「ラップタイム」ボタンが大きく真ん中にあるので押しやすいし、タイム計測画面も一段/二段表記に変更できるので、目的によって切り替えています。



GPS機能付きの時計も持っていますが、私はレースでは使いません。
おそらく、給水やら・コース取りやらで余分に走っているからでしょうか、コース上の距離表示と時計の示す距離にだんだんと誤差が生じてくるので・・・。
自分でラップタイムを押すほうが私には合っているようです。



ピンクのネイルにピンクの時計で、ゴールドコースト、楽しんで走ってきます♪

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

池田美穂
池田美穂

1981年生まれ。株式会社アシックス  アシックスランニングクラブコーチ。東京マラソンやホノルルマラソンなどの市民マラソンから、横浜国際女子マラソンなどの国際レースまで、多くのレースに出場。全国各地でランニング指導を行うとともに、タレントやモデルなど、著名人のパーソナルコーチも担当し、彼らをマラソン完走へと導いている。『RUN女子入門~自分を変えるランニング』、『ランニング手帳2012』(共にディスカヴァー)の著書。
web:ASICS KiREI Site
Twitter:asics_l_miho