• blog
  • 2016.11.14

ゴールドコーストマラソンのウェア&シューズ

  • keyword:

いよいよゴールドコーストマラソンまであと2週間を切りました。
長い距離を走るのはもう終わり。
今回は正直、前回の名古屋ウィメンズマラソンのと比べてもあまり練習できておらず、記録は期待できませんが・・・。



これから焦っても仕方ないし、あとは体調を整えて、気持ちも前向きに盛り上げていきたいと思います。
それに・・・ゴールドコーストは世界一走りやすいマラソンだと私は思っているので・・・ゴールドコーストマジックを信じています!(笑)



というわけで、今回は本番で着るウェア&シューズをご紹介します。


ゴールドコーストマラソンの気温は例年15℃前後と、涼しくて走りやすい気候です。
朝7時20分にスタートし、最初は肌寒く感じますが、徐々に日が昇ると気温も上昇。
後半は少し暑くも感じるので、TOPSはノースリーブにしました!
ASI_XX744E_11_S

このノースリーブ、色違いを名古屋ウィメンズマラソンの時に着たのですが、薄手で軽くて、肩周りが大きく開いているので腕振りもしやすい気がして気に入ってます。
BOTTOMSは、ポケットつきショートパンツ。
ASI_XXL812_07_S

両側のポケットが深くて、ポケットが表の生地と合わせて縫われているので、ジェルを入れても揺れないし落ちる心配ナシ!
今回はこれで、ウェストポーチなしで走ろうと思っています。
タイツは膝下丈のメッシュクロップドタイツを着用予定!
夏用の薄手のタイツなので、重ね着してもそんなに暑くならなそうです♪

シューズは、先日の仙台ハーフをセカンドベストで走れた「レディ ターサーゲイル3」の色違いを選びました!
ASI_TJR825_0100_S

ゴールドコーストは太陽の楽園と呼ばれるまち。爽やかなオレンジが映えるかな♪



というわけで着るとこんな感じになります!
gcmwear

これに、オーストラリアは日差しが強いのでサングラス・サンバイザーもします。
スタート時の気温が低い場合も考えて、アームカバー・手袋も準備!


ちなみにスタート前、ウォーミングアップ時のウェアも大切です。
2009年はスタート前かなり寒かったのですが、一昨年・昨年はそれほど寒くなかったんですよね・・・
年によって多少違うので、ジャケットなどは厚手・薄手両方あると安心です。


薄手のほうは、新作のこちらを持って行きます。
ASI_XXL503_10_S

街中を歩くときなんかにも、日よけのためにも着ようと思っています。
あとは長いパンツも持って行きます。




ちなみにゴールドコーストマラソンでは、facebookと連動したサービスもあるんですよ。→RUN WITH ME
仲間の応援ができたり、自分の走っているあいだにポイントを通過するごとにコメントが発信できたりと楽しいサービスです!
ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

池田美穂
池田美穂

1981年生まれ。株式会社アシックス  アシックスランニングクラブコーチ。東京マラソンやホノルルマラソンなどの市民マラソンから、横浜国際女子マラソンなどの国際レースまで、多くのレースに出場。全国各地でランニング指導を行うとともに、タレントやモデルなど、著名人のパーソナルコーチも担当し、彼らをマラソン完走へと導いている。『RUN女子入門~自分を変えるランニング』、『ランニング手帳2012』(共にディスカヴァー)の著書。
web:ASICS KiREI Site
Twitter:asics_l_miho