• blog
  • 2016.11.14

厚生労働省は発表した金持ち男の特徴とは?

image

 

『お金持ちが好き』

『男前が好き』

このふたつのどっちが反感を買うかというと、1000%「お金持ちが好き」。

だけど本当に酷なのは、「男前が好き」だと思う。だって、もう男前になれるかどうかはある程度生まれたときに決まっていて、努力ではどうにもしようもないことだから。

だけど「お金持ち」は、努力で何とかできるかもしれない。そして現時点からも、なれる可能性がある。

だけど世の中は、「お金持ちが好き」という女を、完全にイヤな奴だという。だけど私は声を大にして言いたい。

『お金持ちが大好き!』

厚生労働省が発表した平成22年国民健康・栄養調査には、richとpoorな人の生活習慣が明確に発表されている。まとめると以下のようになる。

・金持ちになるほど、朝食を食べる。
・金持ちになるほど、野菜を食べる。
・金持ちになるほど、酒を飲む。
・金持ちになるほど、禁煙する。
・金持ちになるほど、運動習慣がある。
・金持ちになるほど、睡眠の質がいい。
・金持ちになるほど、女性の肥満率は下がる。収入600万円の肥満率は、200万円の1/2である。(男性はあまり差がない)

つまりお金持ちを見つけたい私は、いかにも健康的な人を探せばいい訳だ!

しかし“健康”というのは、お金で買うものではないのに、お金があるほど健康で、お金がないほど不健康という図が出来上がっているのは、なんともフシギだ。

だけど私の経験上、このデータは結構当たっていると思う。お金持ちな人ほど、忙しい人ほど、健康にお金と時間を使い、きちんと自分メンテナンスをしていて溌剌としている。それはつまり、仕事もプライベートも関係なく、きちんと自分の欲などの精神や時間をコントロールできて、強い意志を持っているかどうか?ということなのだと思う。

現代社会は、ストレスだらけだ。だから暴飲暴食に走ったり、運動せずに家で寝ていたり、食事を作らずカップラーメンや出来合いで済ませてしまいがちだ。いまや男女で受けるストレスに差はないと思うけれど、ひとつ、男性特有のストレスがあると思う。それは“外の顔”と“内の顔”と使い分けることだ。

私は歴代の彼氏をみて、「この人、本当に仕事できてるんやろか?」と思うことが多々ある。それは、私の目に映る彼は、完全にダメ人間だからだ。だから彼のために私は教育しようとしていたけれど、それは間違っていたみたいだ。なぜなら女性の多くは、仕事でできることはプライベートでもやるけど、どうも男性はそうでもないらしいから。

例えば“時間を守る”。遅れるときは連絡するなんて当たり前だから、仕事でもプライベートでもそうする。だけど男の人は、仕事ではきちんと守るけど、彼女には守らない人もけっこういる。

その理由は、『甘えているから』。

「甘え上手は出世する」と、有名な銀座のママが言ってたっけ。外でいばらなければいけない役職のある男性ほど、その傾向は強い。こういう男は、「親しき人にも礼儀あり」なんて全然思っていない。会社では四面楚歌だし、男友達にも甘える訳にはいかない。だから唯一女といるときが、対極にだらしなくいれる時なのだ。

だけど女だって迷惑だ。男ができたと思ったら、息子ができたのだから。だから金持ちの男ほど、女は大変だ。彼氏という息子の面倒はみないといけないし、お金があれば浮気もされるかもしれないし。それでもお金持ちが好きと言うのか?

でもやっぱり私は、お金持ちが好きだ。そしてデブが嫌いだ。お相撲さんとか意図的に太っている人は好きだけど、自分の欲をうまくコントロールできていない感じがする人はやっぱり嫌いだ。

私もそれに見合う女になれるよう、健康で面倒見がいい女になってやる! 

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。