• blog
  • 2016.11.14

40代社長でも独身なワケ

lgf01a201304290000

34歳にもなると、出会うのは40代の独身男子だ。1回結婚して出戻り独身も多いし、たまーに結婚暦ナシのサラピン男子(40代のサラピンは恐怖なのだが)もいる。

東京にはそんな独身で、かつ“社長”という肩書きを持つ男がけっこういる。まぁ社長といってもピンキリで、従業員自分ひとりだけ社長もいれば、見たことないようなタワーマンションに住む社長もいるけど、それでも社長だけあってそこそこお金がある人も多い。

それなのになぜ独身なのだろう?

離婚で傷つきすぎてもう結婚は(しばらく)したくないと思っている

離婚は女性より男性の方が立ち直りに時間がかかる。子供がほしいと思っていたら再結を考える人も居るが、多くの男が趣味にはしる。とはいえ彼女は作りたいと思っているので、こういう人と付き合っちゃうと長丁場になるので覚悟を。

ライフスタイルの変化によって女性に求めることが変化

東京や神戸のパーティシーンで必ず会うイケイケの社長がいた。しかしもうこんな華やかな暮らしは辞めて、サーフィンしながらスローライフを楽しみたい!と変わってしまった。しかし自分の行動によって築いてきた周りにいる女性は、パーティに来るような華やかな女性ばかり。ここには求める生活も女性もいないとして、彼は住沖縄に引っ越してしまった。

ひとりに慣れすぎて他人に合わせられない

人生の半分以上もひとりで過ごしてきたら、行動も価値観もそりゃ他人に合わせられなくなってしまうだろう。これは断言する。彼らは絶対に変わらない。だから40代独身男子を好きになったら、自分が彼に合わせられるかを考えよう。昔私もそんな彼から“週末婚”を提案されたことがあったなぁ。

“ホウレンソウ”ができない

40代も生きてきたのに、社長なのに、こんな基本的なことが出来ない人が本当に多い。だから40代男社長と付き合ったら、母になったように「明日何時にどこで待ち合わせする?」「お酒飲んで運転しちゃダメよ」とかいちいち全部言わなければいけない。人として当然のことを。
なぜそうなってしまったかというと、社長だから誰も注意してくれないから。でも唯一彼女ならそれも注意できるはずだけど、そういう女とも付き合ってこなかった。誰も注意したり叱ったりしてくれない、というのはピエロになっている悲劇である。

変人奇人すぎて誰もついてけない

真夏なのに絶対に3ピースしか着ない、という変人だったら害はないかもしれない。だけど食事中に突然どっか行ってしまったり(悪意なく)、寝ながら10分間しゃべり続けたりヨガをしたり(本当に寝ている)、SEX依存症だったり(5年間カウンセリング通った)、とかだと私の生活も将来も不安だらけで、結婚なんて考えられない。

たぶんバイかゲイ

社長の中には外では男らしくしているけど、2人になると乙女になる男はけっこういる。メールの言葉や絵文字が女言葉や赤ちゃん言葉だったり(リアルでもそうだったり)、座り方がなぜか横座りだったり、女装してあげると妙に喜んでなりきったりする人は多い。
また私の男友達の中にも、見た目も行動もしぐさも男だし、カミングアウトしてないけど、決まって嬉しそうに同じ男友達の話しかしない人がいる。バイでもゲイでもいいから、女子としてはバイかゲイかはハッキリして欲しい。


40代独身社長というのは、けっこう美味しそうではあるんだけど、やはり独身でいるのはそれなりの理由があるワケで、あなたが母になって育てていけるかどうか?にかかっている。

こんなことを書く30代中盤の私も、彼らから同じように思われてるんだろうけどww 

人のことは分かるけど、自分のことは分からないものよね。 

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。