• blog
  • 2016.11.14

“恋愛マニュアル”を信じるな!

  • keyword:
o07260483e1355197230113_1


恋愛マニュアルを読んでいるならば、あなたはもう恋愛失格だ。

だってよくよくまわりの男を思い出してほしい。 

モテることがかっこいいと思っている30代以上男と、
オンリーラブがかっこいいと思っている20代の男。

出会いがないと嘆いている男がいる一方で、
医者や弁護士で次から次へと女を紹介される男。

男子校から、男子ばっかりの研究職や工場勤務になって、
周りに女子が少ない環境にいる男がいる一方で、 
次から次へと愛人ができる既婚者。 

収入面が不安で結婚に踏みとどまる20代男がいる一方で、
40代で恋人をたくさん作り結婚しない金持ち男。 

恋愛マーケットにおいても、男においても二極化が進んでいる今、
もはやマニュアルなんてあてにならない。

こんなに男が二極化した原因は何だろう?

それは“ゆとり教育”だ。

男は“男らしさ”より、“自分らしさ”を追求するよう教育された。
個性と平等を尊重するゆとり教育は、いわゆる“男らしさ”を奪った。

かっこつけることは、かっこ悪くなった。
お金儲けよりも、世の中への貢献がかっこいいとされた。
自分らしく生きることが、かっこいいとされた。
そしてますます千差万別の男を生み出した。

だからマニュアルが通用しないことを恨むなら、
このゆとり教育を呪ってほしい。

ではいま頼れるものは何だろう?

それは残念ながらもう、“自分の経験”しかない。

何度も何度もぼろ雑巾のようになるまで、恋愛を繰り返すしかない。

とりあえず今、恋愛マニュアルとやらを読んでいる人は、
今すぐその本を閉じて、顔パックでもしよう。
足の角質でも取ろう。おへそのゴマでも取ろう。
今夜はゆっくりお湯につかり、ヘアトリートメントをしよう。

そもそもマニュアルで落ちる男なんて、たいした男じゃないんだから。

そしてLineやFBや携帯のアドレスの“ア”から、デートできそうな人に
片っ端からデートのお誘いメールをしてみよう。
デートができそうにない人は、幹事肌の人に紹介のお願いをしよう。

そうやっている方が、ずっとずっと恋愛には効果的だ。

そして好きな人とデートできたら、ストレートに気持ちを伝えよう。
好きだったら「好き」と伝えればいいし、
気になる程度ならば「気になる」と伝えればいい。
付き合いたいかは分からないけどまた会いたいならば、
「またご飯いこう」と伝えればいい。

(ちなみに余談だが、心理学では、「YOU」を主語にして話す言葉を
「I」を主語にして話すという手法がある。例えば、
「なんで連絡くれへんの?」⇒「あなたが連絡くれず私は寂しい」
「死んじゃダメ!」⇒「あなたが死ぬと私は悲しい」
なぜなら「なぜ?」と聞かれたとき、連絡をくれない理由や
死んではいけない理由はないからで、「I」を主語にして話すと
コミュニケーションが円滑にいくというもの。以上、長い余談でした)

そう、まだまだ間違ったマニュアルが横行している今、
逆に駆け引きなしのストレートが、一番斬新で相手の心に刺さる。

マニュアルは、傷つくのを恐れる弱い心が作らせた産物だ。
恋愛は傷なしにはいいものにならない。
だから恋愛の傷は勲章だ。

そして私は・・・傷だらけの傷物。
スーパーの店頭に並んだら、半額では済まないくらいの傷物だ。

だけど傷がたくさんある分、なぜか自信も同じくらいある。
それは成功する自信とか、相手を絶対落とす自信ではなく、
恋愛の素晴らしさを知っている自信。
そしてその蜜を相手にも味わわせてあげられる自信。

だから半額セールの傷物になっても、恋愛は止められないのよね。 

あなたの恋愛マニュアルの作者は、あなた自身であるべき。
2013年あと3ヶ月、あなただけの恋愛マニュアルページを作りましょっ。 

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。