• blog
  • 2016.11.14

今の大学生の結婚観

  • keyword:
最近出会った大学生の男の子が言っていた。

『結婚したい』

え??
モテたいとかではなくて??

理由は、
『親が早く結婚して安定するのが幸せだと言っているから。』

彼らいわく、親がバブル世代だから安定志向なのだそうだ。

今や2分に1組が離婚している世の中。
つまり3組に1組が離婚しているのだ。

それでも『結婚=安定=幸せ』の図式は
成立するのだろうか?


私はいま職業柄、大学生に会う機会が多いのだが、
多くの男子が“モテたい”とか思っていない。

“モテたい”と思っているのは、
30歳以上のオッサンのみだ。


私は20代中盤の男子~アラフォーの殿方まで
幅広くあそんでいますが、
彼らはまったく別の生き物だ。
 
『モテる=かっこいい』
という図式は、もはや20代には存在しない。

20代はまさにSMAPの歌のように、
『No1ではなくオンリーワン』
がかっこいいのだ。 


この”No1”と”オンリーワン”は、
男女間でもあると思う。

傾向として、
オトコはたくさんのオンナのNo1になりたがり、
オンナはひとりのオトコのオンリーワンになりたがる。

世の中の不倫が多いのは、
このせいだとおもう。
(でもそのほかに実は脳の影響があることは、
また別の機会にお話します・・・)

でもこの調子でいくと、オンリーワンとオンリーワンが
恋愛することになるから、
「不倫は文化だ」(By石田純一)
もなくなり、
「不倫は化石だ」(By中野愛子)
になるのかもねー!?


誰かのオンリーワンになりたい!!
ガオガオ☆


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。