• blog
  • 2016.11.14

デートできない男、泊めてという男、高学歴の男

  • keyword:
W020111214535513757136

自分の意図しないときに、急に出会いが立て続けに舞い込んでくるときがある。

それまではがんばってもなかなか出会いがないし、出会いがあったとしても
不作だし、そういう時期が続くと気分が乗らなくなってくる。

それで『まっ、しばらくはいっか!』と砂漠化オンナになるのが常。

それで数か月はすっぴんマスク姿で会社にいき、あらゆる毛もボーボー。
そんな状態で過ごしていて1番ビックリしたのは、顔が変わってしまったこと!
たった3ヵ月くらいだったはずだけど、本当に顔が変わってしまった。
顔って気持ちと気合いで変わるものなのね。
だからいつまでも「キレイでいたい」と思い続けることは本当に大事。

そして2番目にビックリしたのが、性欲がなくなったこと!
性欲って自発的というよりも、触発されることが多いみたい。
だから性欲を出すためには、自分にも相手へも仕掛けないとダメなのよね。

自称、猛禽類にとってはマジで非常事態。
だから男子と会ってみるものの、顔がおかしいから相手にされないし、
性欲ないからガッツけない。関係性も欲望もサラサラ。

それで分かったんだけど、恋愛ってドロドロしてるべきなのよね。
サラサラな恋愛なんて恋愛じゃない。
欲望をぶつける、自分をさらけ出す、自己嫌悪になる・・・、
そういうのが恋愛なんだよね。

でまぁリハビリ要員として、今年の新年会で会ったけどぜんぜん
しゃべらなかった男子とご飯でもいってみることにした。

そしたらなんとまぁ、私の“変態センサー”がビビビッ!
なかなかタイプやないのっ♪

“探していないときほど出会いがある”って聞くけど、それは普段は
視野に入らない人が入ってきたり、OFF恋愛モードで出逢った人
というのは意外に自然で良かったりする。しかも自分がガッツいて
ないから、恋愛をジワジワとスタートすることができる。

今までは出逢ってよかったら、すぐに「次いつふたりで遊ぶ?」
とか連絡してて、100%自分のペースで進めようとしていたし、
ちょっとダメでも、傷つくことが怖くて「保留」って置いとくこともできず、
バッサリ切って次から次へといっていた。

でも今回会ったフシギちゃんは、恋愛に超奥手(彼の兄談) 。
奥手の人にはしばらく付か離ず時期が熟すのをじっと待ち、
チャンスがきたらガブッと噛みつくのがよい。早く噛みつきたいっ!

私はチャンスの糸口を探すために、お兄様が銀座でお店していると
聞きつけ、行ってみた!やっぱ周りから固めないと。

彼の兄『あいつまじで奥手なんだよね。しかも行きつけの店ってのが
     ゲイバーで。一緒に行くと「新人のアキさん」とか紹介しれくれる
     けど、ほんと気持ちワルイ。あいつゲイかな?』

お兄様、重要な情報ありがとうございました・・・。

さてこの物件は保留として置いておくこととして、お次は久々の合コン☆
今回はアメリカの大学組というエリートな方々。

おょょ、そこにひとりステキな殿方発見♪
ほぼ私の好みパーフェクト!?

『チューしたい』

そのとき衝動的に思った。
あぁぁぁ、私の性欲まさかの回復かも!?
女性ホルモンが久々にジュジュッと出た感じ♪

私『ねぇねぇ、好きなタイプは?』
彼『オレのこと大好きな人』

私『ねぇねぇ、今度いつデートする?』
彼『焦るなよ・・・』

彼は海外の大学でMBAを取得している高学歴で、
しかも実家の自営業の跡取り。

エリートで一見とても自信のある人というのは、
中高難関男子校にいて、大学も男子が多いところだから、
思春期に恋愛経験が少ないという人が多い。
また成功した道を歩んできただけに、プライドが高い人も多い。

それで医者とか弁護士とかになっていきなりモテ出し
遊び人デビューしてしまう人、
至ってマジメだけどKYでガンガンいける人、
そして彼みたいにプライドが高くて繊細な人、
高学歴男子にはこの3種の人が多い。

彼のこの意味不明な回答も、きっとプライドが高くて繊細な故
なのだろう。そこで紹介してくれた仲介の女の子に確認。

『彼ねー、いちおう関西に彼女おるねん』

えー!!はよ言ってよ。。。。

さてお次は紹介☆
GW帰省したときに会った高校の同級生が、他に紹介する予定
だった友達が紹介できなくなったということで、私に回ってきた。
果報は寝て待てだね!

さて紹介ということだが、連絡先だけ聞いて最初から2人で会うことに。
彼女のオトコを見る目はあるし、とにかくおススメということで、
めっちゃテンションあげあげ!ワクワクし過ぎて夕方5時待ち合わせ。

待ち合わせ先にきた瞬間、
『あ・・・タイプじゃない・・・』

チーン。
もう絶対チューできないと思ったので帰りたくなったけど、
友達のススメでもあるしとりあえず飲みいくことに。

彼『予約とってないし、お店わからんわー。知ってる?』

私『じゃあ、カジュアルなイタリアン、ワインがおいしいスペイン、
  おっさんちょうちん焼き鳥、どれがいい?』

彼『おれ、おっさんちょうちん焼き鳥スキ!』

ということで、オサレなお店が集まる東京恵比須にて、
1本80円の焼き鳥のお店へ。そしてまさかの割り勘。
 
彼『次、どこいこうか。おれハイボールが安い店知ってるよ』

ということで、次はハイボール1杯190円の居酒屋へ。
燦々と明るいお店で、またもや割り勘。

周りからのいい人評価も高くて、だけど彼女ができない人って、
このパターンの人が多い。デートなのにデートができない人。
デートでデートできなかったら、結果はただの友達しかならない。

しかも間に入ってくれた子の株を下げないことも大事。だから最低限、
雰囲気のあるお店を予約して、33歳なら5000円くらい払おうよ。

女は待ち合わせに来るまでに、お化粧や服などの時間やお金が
かかってることを男には分かっててほしい。だから男は店のリサーチ
や支払いをしてトントンなんだって。割り勘したら女子は赤字だよ。 

そして帰ろうとしたら、恵比須の駅前で抱きしめられる事件勃発!
こういう相手の気持ちを読めないのも、彼女ができない理由だよ。

そしてその次は運動会イベント☆
オトナの男女が集まって、玉入れや綱引きやリレーをするイベント。
ここには出会い目的じゃない無防備なオトコが集結!

スポーツする男って、いつもの数倍かっこよくみえちゃうわん♪
あれれ、ちょっとステキな男子発見!
いや~最近マジついてるわ。

ステキなカレともお話しできたしラッキー!
と思っていたら、気になるカレが女と帰っていくではないか・・・!?

あーぁ。あーぁ。あーぁ。。じゃあ、ひとりでかーえろっ。

『ぼく、終電なくなっちゃった。泊めてくれませんか?』

えぇぇ?なんだコイツ。
終電なくなったから泊めてじゃなくて、私のこと好きだから泊めてでしょ?

私『いや、本当にムリ。お金あげるからホテル泊まって』

男『じゃあ、1杯だけ。ほんとそれだけ』

仕方ないので付き合ってあげることにしたら、
『オレ今28歳なんだけど、芸能人になりたいんだよねー』

マジで帰ればよかった・・・。

今月はさらに、「独身貴族のBBQ」と「自営業飲み会」が待ち受けている!
数ヶ月なにもなかったのに、5月は波乱の模様。

しかも関西の気になるあの彼と近づくために、仕事辞めて、関西移住計画
を計画中!未来に大きいものを得ようとするなら、多少のリスクは仕方ない。

“2頭を追う者が1頭くらいは得られる”
をモットーの元、数頭追いかけます!

ガオガオ☆

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。