• blog
  • 2016.11.14

『合コン』西vs東、20代vs30代男の違い

  • keyword:
121213top

合コン事情においても、関西と東京、
20代男と30代男ではちょっと違う。

関西の合コンのゴール設定は
“みんなでワーと盛り上がること”。

だから反省会の内容は
「今日は盛り上がらなかったな」となる。

だから女子もノリのいい子がポイント高いし、
男子もおもろい男子が人気。

一方関東の合コンでは、男前が人気。
女子ももちろんかわい子ちゃんがポイント高。

以前わたしが必死でツッコミをした合コンでは、
男性陣から「こわい・・・」といわれた。
関東では盛り上げようとする必要はあまりない。

関東の合コンのゴール設定はもちろん
“恋人をみつけること”だから当然なのだけど、
デートの後では「今度2人でデートしようよ」
となる場合が、関西より関東の方が多い。

それに地方出身者が多いため、ひとり暮らしの
人が非常に多い。帰ってもひとりで寂しいし、
門限もないから自由だし、デートしようと
なる可能性が高いのもこの理由が大きい。

しかしながら東京が全国でもっとも未婚者が
多いのは周知のこと。

<東京都23区に住む25~34歳未婚率>
女性:57%
男性:67%

25年前と比較すると、東京23区の未婚率は、
男性0.9%増、女性14.6%増。
結婚しない女性が圧倒的に増えている。

女性が結婚しない理由は
「金銭的に結婚しなくても暮らしていけるから」
というものあるけど、それよりも
「この歳で未婚者でも“ヤバイ人”と思われないから」
という方が大きい気がする。

結婚って、好きな人とずっと付き合っていて
自然とそういう話になってするのが理想だけど、
今の婚活ブームはそういう流れじゃない。

“結婚して一人前”
“結婚してないやつは人間として欠点がある”
みたいな見えない観念に押され
「そろそろしないとヤバイ!」
と思ってする人が多い気がする。

特に男性は「結婚=責任」だと思ってるので、
できれば責任を背負いたくない人も多いだろう。
だけどするのはこの「そろそろヤバイ」強迫観念のせい。

わたしのまわりの独身女子たちも、
『出産リミットというのもあるけど、そろそろ結婚しないと
変な性癖あるやつかな~とか思われるよね。』
と話している。

見た目もそこそこの普通女子が結婚しないと
なんかみえない難な性格や性癖がある“変態”と思われ、
そういう普通男子が結婚しないと“ゲイ”と思われる。

『独身よりもバツイチの方がまだ評価いいよね。
だから1回はしとかないと』というのが現代の見解だ。

とはいえ東京や都心にはその強迫観念が薄い。

事実、まわりに未婚者の女性もたくさんいるし、
最近はバリバリ稼いでる女性を
「かっこいい」
「そういう嫁の方が助かる」
というプラス評価の20代男性も多い。

そう、最近は20代と30代男の女性の好み
に大きく違いがある。それは年齢によって変わって
きたのではなく、10年合コンいってる私からしたら、
新人類として20代男子が誕生したのだ。

例えば見た目。
20代:ボブが好き。合コンにはデニムできてほしい。
30代:ロングが好き。合コンはやっぱワンピでしょ。

30代男子は“THE女子”というのがお好きであり
高嶺の花は手に入れたいと思うものだか、20代男子
は届きそうにないものは最初から狙わない。

30代男子は合コンでも「モテたい」「かっこいいとこ
見せるぞ」と思ってムリしても女子におごるし、
その代償として穴があったら入りたいと思うものだが、
20代男子はモテたいと思ってないし、ムリして
かっこいいとこみせるなんてかっこ悪い、と思って
いるので、おごることもしないし、狼にもならない。

30代男子は有無をいわさず押し倒すけれど、
20代男子は「いいですか?」と許可をとる。

・・・そんな違いがある。

だから例えば“20代関西人と30代関東人との合コン”
となると、私はパニックになる。

関西男子にはノリがいいとこ見せないとだけど、
関東男子にはひかれるかも・・・。

30代にはTHE女路線でいけばいいけど、
20代にはマイナスになるかもしれない・・・。

じゃあ万人受けするように、とりあえず愛嬌を
ふりまいとけばいいか?
いや、でもそれは自分らしくない。

待てよ。そもそも合コンに“自分らしさ”なんて
必要だっけ?

・・・パニック。

そしてもちろん男性同士の会話もかみあわない。

20代「ぼく、もう3年も彼女いません」
30代「その間どうしてんの?」
20代「右手が良きパートナーです」
30代「まじで?テキトーにやったりとかないの?」
20代「口説いたりめんどくさいじゃないですか。
    おごったりお金かかるし。」
30代「・・・・まじで?口説いてやったときヤッター!
    って達成感するけどな~」 
20代「ぼくは友達とワイワイするのが楽しいんで」

といって、とりあえず脱ぐ西の人。
それをみて笑うが決して自分は脱がない東の人。

「おれのオカンな・・・・」
と身内のおもろい話で自爆テロを起こす西の人。 
それを聞いて笑うが身内の話はしない東の人。 

・・・というグッチャグッチャの展開になるのである。

東西の違いがあるのは文化の違いだと思うが、
20代と30代の違いは“ゆとり教育”のせいだといわれている。

ゆとり教育のせいで20代という新人類が誕生し、
彼らは草食系と呼ばれ、女子たちは肉食用と草食用、
しまいにはロールキャベツ男子用とさまざまな武器を
持たなくてはならなくなり、非常に困っている。

400回行っている合コンは、趣味ではなく、
マジでオトコを探してるんだって。

たのむよ、文部科学省。
もう新人類を生み出さないでくれ。
合コンを乱さないでくれ。

ガオガオ★ 

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。