• blog
  • 2016.11.14

私が結婚しない理由

  • keyword:
main_img

逆に聞きたい。
『なぜ結婚するの?』と。

まわりを見てみてほしい。
結婚してめっちゃ幸せそうな夫婦はいるか?

たしかに私と同じくらい幸せそうな夫婦はいる。
だけど格段に幸せそうな夫婦はあまりいない。

仕事もある。
友達もいる。
恋人もいる。
自由もある。

こういう独身になってしまったら、
この“そこそこの幸せ”を放棄して、
“不幸せになるかもしれない可能性をはらんでいる結婚”
をする理由はあるのだろうか?

結婚する理由。
それは「そういうもんだから」としか思いつかない。
まともな人なら結婚すべきだから。
年をとって現実がわかればわかるほど、
まともな理由なんてわからない。

しかし「なぜ結婚したの?」とまわりにきくと、
みんないろいろな理由を言ってくる。

『幸せになるため』
たしかに幸せにはなれるけど、
手に入るのは“今と同じくらいの幸せ”じゃない?

『好きな人とずっと一緒にいるため』
たしかに好きな人じゃないと結婚したくないし
好きな人じゃないと結婚しても楽しくない。
だけど本当に好きな人とは結婚しない方がいい気がする。
恋愛は4年で終わると科学的にも立証されているし、
一生ずっと一緒につきあっていくためには、
友達でいた方がいいと思うのだ。

『老後さみしくならないため』
うちの両親は50歳で離婚した。
結婚に未来の保障はない。

結婚率低下の本当の理由は、ここにある気がする。
結婚しない理由は、結婚する理由がないから。
結婚しても今より格段によくなることがないから。

しかし私は独身に飽きてしまったし、子どもは絶対ほしいから、
結婚はしてみたいとは思っている。

つまり結婚は子供を産むため。
家庭を作るのは子供を育てるため。

だから“できちゃった結婚”がベストだと思っている。
そうこの“できちゃった”は、素晴らくもっともらしい理由!

この理由ができたとき、私も結婚してみようと思う。

そして日本の結婚率増加と少子化対策は
非常にシンプルで、
「日本に幸せな夫婦がもっともっと増えること」だと思うのだ。

ガオガオ☆
 

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。