• blog
  • 2016.11.14

人生の正しい選択

  • keyword:

image (16)


『おまえを選ぶという選択をしていれば、
もっと楽しい人生があったかもしれないのかな』

私の上で目に涙をためて話すオトコ。

彼は身体をふるわせ全身から、
「愛している」
「ひとつになりたい」
「これ以上進むのが怖い」
を繰り返し発している。

3時間前・・・
とある恵比須のバーにて。

『おれ、嫁とうまくいってないんだよね』

『どうしたん?』

『“結婚は99%が生活”だと分かってなかったよ』

『“結婚は生活”か。それよく聞くわ。残りの1%って何?』

『ご飯食べに行ったり、遊びにいったり、楽しいこと。
 それ以外の99%は生活だよ。』

『そういう相手の生活の部分って、
 結婚する前にわかることじゃないの?』

『きっとわかるんだけど、その部分の合う合わないを考えずに、
 好きって気持ちだけで結婚しちゃったな』

『・・・。離婚しちゃえば?』

『・・・うん。実はちょっと考えてる。』

『あっ、でも子どものことはちゃんと考えなね』

『うん・・・。それは大きな問題だよ』

私は気づいている。
彼はもう決心しているということを。
ただ誰かに背中をおしてほしかったのだ。

バーを出たとき、彼が思いつめた顔で言う。

『ねぇ、手、つないで、いい?』

35歳のオトコが笑うことなく真剣に。
4年前、何度も何度もつないだ仲なのに。

『時間、もうちょっと大丈夫?』

『うん・・・。でも絶対に襲わないでね』

私の手をギュッとにぎりしめながら、
タクシーをつかまえる彼の横顔は、
やっぱり全然笑っていない。

『品川プリンスまで』

ツインのベッド。
彼がそのひとつに横たわりながら
『ねぇ、こっちおいでよ。腕まくらさせて』

彼の腕に寝ころがり、私はただ天井を見つめる。

『おれの心臓、超バクバクしてる。なんでだろう・・・』

私の顔をなで、鼻にキスし、身体をなでる。
服の上からでも彼の手がじっとり湿っているのがわかる。

『もしも、おれたちが結婚していると想像してみて。
 それで今の駐在先のアメリカに一緒にいるとするでしょ。
 休みの日、どうしたい?』

『う~ん。近くの公園でピクニックしたり、
 家のお庭で友達呼んでBBQしたり、とか?』

『子どもが生まれても、一緒に寝てくれる?』

『シングルじゃなければ』

『(笑)。キングベット、買うよ』

彼の今の悩みがありありとわかる。
熱くて悲しい愛が痛いほど伝わってくる。

身体は熱い。
だけど心が泣いている。

『これ以上はダメだよ』

これ以上進んでしまったら戻れなくなる。
だって私たち、身体の相性が最高だって、
あなたも知っているでしょ?

彼の吐息がますます熱くなる中、
私はただただ目をつぶって横たわっている。

もし、私たちが結婚していたら、どうなっていただろう?

今頃アメリカで、広いお庭があるお家で、
家族みんなで笑って暮らせていただろうか?

あのときのように彼を愛して、
彼を幸せにしてあげられていただろうか?

人生の選択が正しかったかどうかなんて、
いつわかるんだろう。

正しい選択をするために、
私はこれからどうしていけばいいのだろう。

彼が、私のワンピースのホックをはずしている。

私は、熱くなった身体をかかえて、涙をこらえている。





関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。