• blog
  • 2016.11.14

トキメク恋のためには“腸”改善?!

  • keyword:

_MG_2071

最近オトコと会ってもいっこうにトキメかない。
何をどうしたらトキメクのだろう?

そんなとき発見したのが『脳はバカ、腸はかしこい』という
東京医科歯科大学名誉教授・藤田紘一郎著の本。

この本にはこんなことが書かれている。
============================================
・脳には性的モラルがない
・意志薄弱で偏見まみれ、うぬぼれ屋の脳
・腸内細菌が「幸せ物質」を脳に運んでいる
・大食いによって癒される脳、壊される腸
・脳は糖を欲しがり、腸は糖の摂りすぎを嫌がる
・腸を整えると、トキメキ&ドキドキの恋愛が長続き
・生物と腸の歴史は40億年、脳とはたった5億年
============================================

注目はココ↓↓

腸内環境を整えることで、恋愛ホルモンのドーパミンや
セロトニンなどが脳に運ばれ、良好な精神状態が作られるとのこと。

ドーパミンは恋のドキドキを作り、
セロトニンは幸せを感じるホルモンですよね。 

だから『好きな人と健康的な美味しいものを食べる』
というのは、腸も脳も大喜びの最強コンビ!

また脳は暴飲暴食を求め、「セックスはしたくない!」
という欲望をもっており、その欲望を止めるのが腸だとか。 

だから脳に従うと肥満&セックスレスになるので、
そうならないために腸を健康にするのが大事なんですね。

腸内環境を整えるには、能が癒される“大食い”をせず、
脳が好きな“糖”をひかえること、だそうです。

腸内環境が悪くなると、お肌も荒れちゃうもんね。

普段から食生活もきちんと気をつけて、 
ステキな人とお食事に出かけましょう♪

さてお食事しながら恋愛のリハビリをしたい方には、
男女の出会いが目的ではない、“カジュアルな異業種
交流ランチ”という『ソーシャルランチ』がおススメ。

会社のエリアを登録して、ペアになって2×2=4人で
近くの会社の人とランチしましょう、というアプリ。

ペアは同性同士でも男女ペアでもOK。
ランチをする相手ペアは検索するのではなく、
アプリ側が24時間ごとに自動的に提案。

それでこの人とランチしてみたいな~と思う人がいたら
ランチ申請をおこない、相手側もOKしたらランチ成立。
 
そこから日時や場所をアプリ上で直接相談してランチします。
ランチだから基本的に1時間と短時間だし、コストも1000円
くらいだし、とっても気軽に会えますよね。

でもこれは異性との出会いが目的でないので、既婚者の
利用も多いです。また大企業の社長とかも多く、男性が
男性と会ってビジネスをつなげるということも多々あるようで、
良質な人がけっこう多いですよ。

アプリが提案してくる相手ペアは、自分が登録した場所あたりで
勤めている人になるので、本来なら自分の会社の近くで登録
すべきだけど、どういう人と会いたいかで登録してもいいですよね。

私はお金持ちな人が多そうな六本木とか丸の内で登録しています!

私が今まで会った人は、メディアで有名な社長、自営業、日銀、
年収2000万の保険屋、グーグルなどみんなステキなメンズでした。

このアプリに限らず、メンズに最初に会うのはディナーより
ランチがオススメ。土日のランチだとNGだったら1時間で
帰ればいいし、OKだったら夜も一緒に飲みにいけばいいし。

しかも男子も出費が少なくて済むから、そこまでラブじゃない女
だったとしても、ランチだったらいっかと気軽に来てくれますよ。

ではさっそく『ランチしよ♪』と10通くらいメールしてみましょう!

楽しいランチをして、腸も脳もゴキゲンでいい恋しましょ。
ガオガオ☆ 

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。