• blog
  • 2016.11.14

【乳がん、子宮がん、性病、HIV】イイ女が受けるべき4大検診

  • keyword:

!_image_size_520_x


年末は部屋の大掃除・・・と見た目ばかりで、
女子としてのカラダの中身の大掃除、忘れていませんか?

①乳がん
②子宮がん
③性病
④HIV

あなたはこの4つの検診を、最低でも年に1回は
受けていますか?

①乳がん

女性ではもっとも多い癌は乳がんです。
ある統計によると16人に1人がかかっており、
毎年1万人以上の人が亡くなっています。

乳がんは産婦人科にいって、「マンモグラフィ」や「エコー」
を受ければOK。どちらがいいかは医師に相談を。

コストもさまざまですが、年齢によっては補助がある
自治体もあるようなので保健所に問い合わせてみましょう。

最近では乳がんにかかってもおっぱいを切除せずに
治療できる「先進医療」もあるようなので、早期発見が
なにより大事です。

乳がんは唯一、自分で触って発見できる病気。
特に30代後半から多い癌だそうなので、アラサーは
日々、自分のカラダをセルフチェックしましょう!

 
②子宮がん
子宮がんは、「子宮頸がん」と「子宮体がん」、
まったく違う2種の癌があります。

子宮頸がんは、20~30歳代では乳がんより多く、
日本では1日に約10人が死亡しているというデータがあります。

子宮頸がんはSEXでのウイルス感染によるので、誰に
でもなる病気であり、コンドームの着用で自分を守れます。

いっぽう子宮体がんは、閉経後の40~50歳代に多い癌です。

どちらの子宮がんも初期では症状がほとんどないため、
産婦人科での定期的な検診が大事です。検査は、実際に
子宮をみる視診と、膣の分泌液を採取して調べる検査と
2種の検査で調べます。 

子宮頸がんに関しては、予防ワクチンがあります。
これに関しては臨床結果も少なく死亡例も出ているため
賛否両論です。自分でしっかり調べて判断しましょう。

③性病

さて産婦人科で子宮がんの検査を受けるなら、
ついでに『性病』の検査も受けてしまいましょう。

どの病気まで調べるかにより検査内容が異なり、料金も
異なります。これは医師に相談するのが良いでしょう。

検査内容は膣の分泌液を採取して調べます。
ただクラミジアに関しては喉にも感染しますので、喉の検査
も受ける場合は、めん棒などで喉の膜を採取し検査します。

つまりクラミジアに関してはフェラチオでも感染します。

わたしはこの性病検査は病院に行かずネットでしています。

いろいろなネットサイトを参照してもらえればと思いますが、
検査キッドをネットで購入して郵送で検査が可能なのです。

検査はこのような手順になります。
①ネットでキッドを注文
②届いたら自分で膣の分泌液を採取
③それを専用ケースにいれて郵送
④約1週間後にネットにアクセスして、
自分が設定したIDやパスを打ち込み検査結果をみる

個人が特定されないように工夫されているので、
ぜひこのサービスを活用してみてください。

クラミジア、梅毒、淋菌であれば保健所でも無料で
検査できる自治体があるようです。

④HIV

またHIVも無料&匿名で検査できる地自体は多いようですね。
HIVは血液検査です。

HIVはSEXで感染しますので、コンドームで自分を守れます。
いろいろデータをみていると、「東京×男性」が一番多いようです。
男性は女性の4倍、東京は2位の大阪の2倍でした。
東京の男性は海外でもらってくるのでしょうかねぇ・・・。


※まとめ※
『検査』&『コンドーム装着』!!

「コンドームつけたら気持ちよくない」というオトコには
「不感症」といいましょう。

「コンドームがない」というオトコには、
「コンビニで買ってきて」といいましょう。
できればサークルKサンクスがいいでしょう。
私おススメの“ガールズガード”という殺精子作用がある
コンドームが売っているようです。

ガールズガードとは?

コンドームをネットで購入

私は自分の家に沖縄で買ったゴーヤコンドームとやらを
蓄えていますが、持ってるのをいわず「もってる?」と聞きます。
準備万端、寒空コンビニまで走るオトコとしかやっちゃいけません。 

イイ女は、ちゃーんと自分で自分を守れるオンナです。

さてクリパの予約の前に、病院に予約!
プレゼントのついでに、コンドームや検査キッドをネットで購入!

気持ちよく新年をむかえましょう♪

★ I LOVE ME ★
   ガオガオ

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。