• blog
  • 2016.11.14

婚活アプリで会った3人の男のNGリアルストーリー

  • keyword:
3096791668_171279c58c_m

最近、婚活アプリで多忙!

こんだけ手軽に出会いがあると、
ちょっと嫌なら「ハーイ!次!」となる。
良いのか悪いのかだよね・・・。

それに初対面の人と会ってご飯食べるって、
かなり疲れる。

婚活ってパワーがいるね。

それに先方指定の高級なお店にいって、
まさかの割り勘もあるから、
お金もそこそこいるしね。 

この出会い系サイトでの出会いが普通と違うのが、
同時に複数の人と会うという状況が
許されているということ。

だから私は会った男性には、
「他に片手くらいは会ってますよ。
みなさんに好意をもってもらっています」
と言う。

そうなると私の市場価値があがって、
みんな私をGETしたくなる。

就職の内定が出たら、他でもポンポン出るように。

他人が欲しいものは、自分も欲しくなるのよね。

さて会った人達だけど、
ひとりは某大手証券会社に勤める人。

お迎えはBMWで登場!
どうも彼は建築が専攻らしく、
東京の建築物ツアー開始!

ぶっちゃけ私は建築物に興味はない。
でも彼はそのことに全く気付かない様子・・・。

男の人ってこういうの本当に鈍感だよね。

そして自宅へ・・・。

マンションにはレジデンス専用の25Mプール、
銭湯、ジム、バーがあって、 東京の夜景が一望!

そりゃこれ見せとくよね。 
これでクラッとくる女子もおるやろなぁ。

『40階の夜景をみながらのここのお風呂は最高だよ!』
となぜかめっちゃ銭湯に入るようすすめられる・・・。

いや、いいんだけどさ。
普通、初対面でお風呂は入らないっしょ。
そのあとの下心が怖いよ!

・・・といいながら、結局入ったわたし。

でももちろん顔より上は落としません。 

お風呂あがって、バーで合流した彼は、
なぜか残念そう・・・。

え?なぜ?
これから襲う系ではない?

・・・・。
どうも彼は私の“スッピン”を見たかったらしい。

外見審査ですか?

『私の外見ばかり気にされているようですが、
私の内側も見ようとしていますか?』

『建築では、外観は中味をうつし出すのです』

??
その例え、ぜんぜんわからん。

とはいえ彼を前向きに検討しようと思った私ですが、
動物アレルギーの私は、彼の自宅に犬が2匹
いることが判明して、あえなくチーン・・・サヨナラ。

次いこう!つぎ~!!


さて、ある別のサイトの人は、
会った瞬間アレ??
写真とぜんぜん違うぞ?

もー。
サイトはこういうのが怖いのよね。

それに会った瞬間、胸元に見えた
チェーンのネックレス・・・。

もうこの瞬間、わたしは帰りたくなった。

でも愛想がいい私は、お酒様の力を借りて
場を盛り上げ、3時間のりこえた。

もちろん次の日からメールは控えめに。

数日後、それまでしょっちゅうメールしていたから
彼から「なんなん?」の抗議メール。

いやいや付き合ってないし。 
めんどくせ~な~。
ここはウソで乗り越えよう。

「ごめんなさい!実は次の日会った人と
お互い一目ぼれして付き合うことにしました」

「あの盛り上がった夜はウソだったの?
しかも次の日?
なんか遊ばれたって感じ。
誠意をもって説明してください」 

え~!
バツイチの男で、遊ばれた発言??
女々しいオトコ・・・。

それに人の心移りは責められないでしょ?
じゃあ本当のことを教えてあげる。

「その人があなたより魅力的だったからです」

連絡先をすべてブロックで終了。

ハ~イ!つぎ!


さて、会う約束した人のひとりで、
めっちゃ私のタイプの人がいた。 

FBのプライベート写真も見ているし間違いない!
会うのが一番楽しみだった。

実際会ってみるとイイ男♪

『ねぇねぇ、
ンッって力入れると、遠くのリモコンが動く気しない?』

・・・しません。

相当変わっているご様子ですが、
こういうのは慣れているから大丈夫。

2軒目は、隣同士に座れるソファーのお店へ。

さっきよりちょっと接近!
横顔もカッコイイ♪

『ねぇねぇ、・・・なんでもない』

『なによ~?またリモコン動きそう?』

『違う。下半身が反応してきた』

え~~????
横に座っているだけで???

31歳どんだけピュア?

夜分のメール。
「今夜はありがとう。
最後の発言は忘れてください」

いや、忘れられないっしょ。


私のサイトで出会い探しの旅は、
まだまだ続く・・・・。

がおがお★





関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

中野愛子
中野愛子

1979年兵庫県西宮市生まれ。立命館大学政策科学部卒業。専攻は野生動物の保全で動物(人間を含む)に強い興味を持つ。学生時代から合コンが日課で参加回数は計400回以上、お見合いや婚活パーティ、婚活サイトでの婚活も行う。サッカー選手、議員、某大手アパレルの御曹司らとの恋愛経験あり。大手人材会社で新サイトの立ち上げ、編集、プロモーションに従事するかたわら、「愛は世界を救う」というモットーのもと「モテ男塾」「恋愛力は仕事力」など恋愛に関する活動・イベントを多数開催している。趣味は、「恋愛!」と自信を持って言える婚活中の猛禽類女子代表。アラサー女子10人がつぶやく恋愛リアルネタを披露するTwitter@takadajyunjikoにも参加中。