• blog
  • 2016.11.14

自称肉食女子は、どの年代に多い?

  • keyword:


こんにちは

明日からは3月
3月と言えば、別れや出会いの季節ですね
みなさんにとっては、どんなイメージの月でしょうか。

さて、前回お話した「恋愛ニート」。

しばらく恋愛をお休みしている人もいれば、
ガツガツ恋愛で、狩りモードな肉食な女の子もいる。


ということで今回は、我こそは肉食である!と自覚している女の子にスポットライトを当ててみましょう。




電通総研で20代~40代未婚男女を対象に実施した調査では、
なんと約4割が肉食女子自覚あり!という結果でした

男女・年代別に見てみると、
予想通り男性では40代が最も肉食自覚が高く、
女性では20代がもっとも高い結果に


図4


「いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか」

という本の著者である大屋洋子氏いわく、

「認められたい・褒められたいという承認欲求が強い20代女性と、それを満たすことに喜びを感じる40代が共鳴することも多い。」

とのこと

特に、20代女子はガツガツする肉食な一面がある一方で

「褒めてほしい!」
「もっと認めて!」

というニーズを心のうちに秘めているのかもしれませんね。



関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

西井美保子
西井美保子

1986年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、電通へ入社。10~20代の若者を対象にしたプロジェクトに携わった後、ギャルのマインドを調査する「電通ギャルラボ」と「電通若者問題研究所(ワカモン)」に所属し日々仕事に奮闘中。女性向け商品を中心に商品開発、リサーチ・プランニングまで幅広く担当し、さまざまな雑誌でコラム等も執筆している。『パギャル消費~女子の7割が隠し持つ「ギャルマインド」研究~』(日経BP社)の著者。