• blog
  • 2016.11.14

いい加減と良い加減。

  • keyword:
001
本日のサンセット
AM読者のみなさまこんばんは◎
TVを見ていたタイ人の旦那くんTorに

「ネェ、チョットオクサン!」

と呼び止められましたKimieです・笑。ドコデ オボエタ

そうそうよく聞かれる会話の言語ですが、最初はアタシが挨拶程度しかタイ語をしゃべれなかったため、英語100%スタートでした。
観光地のレストランで働いてたTorが食べ物の名前をいくつか日本語で知ってて、突如「モチゴメ」とか言い出すことがあったくらい。
付き合い始めた頃は 一瞬 熱心に相手の言語を学びましたが、分からない言葉を英語で補えちゃうというのが仇となり、1年くらいでお互いぴたりと上達が止まっちゃった・笑。

タイで暮らしてれば自然にしゃべれるようになるだろうと高をくくってたんだけど、コチャーンって英語が通じちゃうんだよね、観光地だから。
そいでこれはやばいと思ってタイ語も意識して覚えるようにして、Nachiが生まれてからは日本語のDVDでTorも覚え始めて最近になって少しずつ進歩してるかなー。ダトイイナー

そうゆうわけで現在は英語40%日本語30%タイ語30%みたいなアタシタチ言語で会話しています。
いつかはきちんと勉強したいなぁと思っているんだけど。
だっていつの日かタイ語ぺらぺらのNachiに「ちょっと折り入って相談が・・・」とか言われて「そう。お父さんに話してくれる?ママタイ語わかんなーい♪」とかなったら困るでしょう!!!ワーン!

さて、前回の記事ではTorの困った性癖について話したけど、えー、今回はいいところについて書きます・笑。
毎回アタシがタイに到着するときには休みを取り、Krabiから十数時間もバスに揺られてバンコクの空港まで迎えに来てくれてたTor。
それはとってもスウィートだったけど、あるときアタシはTorの普段が知りたくなったわけです。
そいで「生活にすっぽり飛び込むのでいつも通りに!」って言ってワクワクとAo nangに向かったんだ。

DSC03043
わんぱくバーテンダー

そりゃーもう自由だった。www
目が覚めたときに起きて、体に魂が宿るのまってから動き始めて(起き抜けって空っぽだよねw?)、お腹がすいたらご飯食べて、やる気が出たら前夜のbarのお掃除とその夜用の仕込みして、そいで時間があればお散歩するし、時間がなかったらそのまま最初のお客さんを笑顔で迎えるという、その頃会社勤めをしていたアタシには衝撃の生態。

アタシ 「何時に何するとか決まってないの・笑?」

Tor 「決めてない。決めるとその通りに行動しないといけないから。」

アタシ 「ご飯食べる時間とか足りなくなったりしないの?お店開けるのに間に合わなかったりとか。」

Tor 「1日は24時間もある・笑。」

・・・なんでアタシにも24時間あるのに毎日こんなに余裕がないんだろう???ってなった。ポカーン
仕事の間を縫って遊んでもらってるはずなのに、追い立てられる感じが全然なくて、Torといると時間の流れがいつものんびり。
もちろんビーチでだらだらしすぎて慌てて仕事に向かうこともあるんだけど、道中できれいな花見つけたら迷うことなくバイクを止めて崖登って摘んできてくれるわけです。アタシガ アセルwww
こうゆうところは絶対省かないの。

CIMG0384
Ao nangからちょっとボートに乗ればこーんな島がある◎

日本に帰る日もなんとなくそわそわしてるアタシに朝食を勧め、「最後にビーチをお散歩しない?」なんて言ってきて、アタシはTorにがそう言うなら大丈夫なんだろうってのほほーんとついてくでしょ。
そいでようやっとトゥクトゥクに乗ったらさ

Tor 「空港行きのバス出発まであと20分しかないけど、着くのかな俺達・笑。」

とか言うのよ!!
この時点でアタシはパニックなんだけど、Torはただのんびりシートに座っててさ、その間もバスはのろのろと乗客を拾ったりするわけで、なんていうかもう絶望??www

10分くらいしたところで「うーん、間に合わないな。」って急にバス降りるように言われて、その場に「ちょっと待ってて」って取り残されて、消えたと思ったらあっという間にどっかからバイク借りてきて。

373b
「行くよ!!」

スーツケース抱えて原付とかありえないと喚きながらも、びゅんびゅんと風切って進むのは爽快以外の何者でもなく、しびれてくる腕までがおっかしくて、げらげら笑いながら時間ぎりぎりに空港に滑り込んで、「さようなら」のハグにはたっぷりと時間をかけた。
そいで飛行機のシートで一息ついて「間に合っちゃった。ふーんやっぱりアタシにも24時間あるんだな」って:):):)

mmpw 022
時は経ち今度はこんな島に住んでいます。

今でもTorは最終フェリーを捕まえるべく車をすっ飛ばしててもサンセットがきれいなら絶対止まるし、寝坊してシャワー浴びる時間がなくなろうがコーヒー飲みながらの日光浴はカットしない。
デスクのまわりはいつもぐちゃぐちゃだけど、buddhaの祭壇だけはきれいにお花を飾って、週に一回は改造。
快楽主義者と言ってしまえばそれまでなんですが、押さえるポイントと抜くポイントっていうのかな、時々人生がよりゆるーく楽しーくなる方法を教わってるように思う。
ま、その分アタシがみんなに迷惑かからないようにカリカリしないといけないんだけど・笑。

日本とタイでは社会の仕組みがだいぶ違うので、Torシステムをそのまんま持ち込むには無理があると思うんだけど、アタシに関していうとなんでも大急ぎでやっちゃうの。
大急ぎですませるところ、大切に時間かけたいとこの区別がなくなっちゃうんだよね。
今でも1日30時間あったらなーって思うし、気づくと駆け足になっちゃうんだけど、「やばい!!寝過ごした!!!」って家を飛び出したのに、庭にひとつ咲いた花に目を留めて写真撮り始めたりするTorを見ると、ふっと戻ってこれる。
そんな毎日◎

あれ、タイ人男子の魅力になんにも触れてないwww
次!次こそ書く!!

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

Kimie Chunhaophat
Kimie Chunhaophat

1978年神奈川県藤沢市に生まれる。2006年に訪れたタイで市場めぐりに夢中になり、それがきっかけで、友人とお小遣いを出し合い洋服の仕入れに挑戦。2007年にはネットショップ、ヒッピー・サイケ・レイブファッション『MMPW-mimipartywear-』をオープン。タイ服を愛すあまり、2008年にチャン島へ移住。1年後タイ人のTorと結婚し、チャン島にリアル店舗『mimi de' café』をオープン。2010年にはベイビーも誕生し夢だったタイ暮らしを丸ごと手に入れる。現在、新店舗を家族総出で手作り中。『世界放浪結婚生活』Tomoe の姉。
web:MMPW-mimipartywear-
Twitter:kohchang_mimi