File0025 
どよーん・・・
ようやく雨季らしくなってまいりました。 
シトシトという雨音を聞きながら二度寝三度寝を繰り返し、どよーんという雲の下ボーッと起き出して、明るくなることのないまま日が暮れてゆく。。。
日本にいたときは雨ってそーんなに日常に影響をおよぼさなかったような気がするんだけど、チャーン島ライフにおける雨天は=引きこもりデーとなる。

133900_409272455788242_505130293_o 
だって道が・・・

運よくぎりぎり停電だけは免れております、タイランドはチャン島よりKimieです、AM読者のみなさまこんにちは!!
でもチッカチッカしてるYO!

アタシはチャーン島のクロンプラオという地域に住んでいるのですが、上の写真は隣町カイベーというところであります。
そして反対隣のホワイトサンドビーチという街の道路も浸水中。
つまりどこにも行けない・・・!!
く、苦しい・・・なんか精神的に・・・

今年の雨季は晴れすぎなのでありがたいことなのですが、多分みんな家でくさくさしてるんだろうね。
我慢できずに雨の中バイクでずぶぬれになって友達が我が家に集まってきます。 
そいで「雨だから帰れない」と泊まって行くわけですがあなたたち雨の中来たんでしょうが、みたいな・笑。 
ま、我が家もおでかけできず退屈しているので人が集まるのは大歓迎なんだけど!


396203_253345458067610_2011439711_n
本日のお客様

彼女はロシア隣国の・・・隣国の・・・すみません何度聞いても国名が覚えられませんがとても長いエキゾチックな風味の国からタイに来た子。
その恋人のタイメンが私の旦那くんTorのお友達ということで出会ったのですが、今となっては私の営むお洋服屋さんのお得意様であり、Torに会いに来た友達が待ちくたびれて魂が抜けてしまうくらい会ったらおしゃべりに花がさいてしまう、大事な友達であります。
女のおしゃべりの長さはもうこれは病気みたいなもんなのでしょうがない・笑。 

396134_375025545899600_1250542028_n
併走中に衝撃の告白

先日、家族でお出かけしていたら後ろから追いついてきた彼女が

彼女「ハロー!ほらみてKimieのとこのお洋服だよー。気に入って週3回は着てる!あっ、それからワタシ赤ちゃんで来たよ!!」ブルルルルン←右折
アタシ「えっ・・・なっ・・・バシャバシャ」←直進www

という出来事があってからの再会だったのでそりゃもうびっくり。
10週目とかでびしょぬれになってバイクでひとり山越えて来るとかいかんだろう!!ハラハラ
大慌てでタオルやらフリースやらで彼女をマトリョーシカのようにしたんだけど(ロシアだけにwww)、「質問があって来たの。」と彼女は堰を切ったように話し始めた。

国際結婚の手続きについて。

考え始めたら不安でいてもたってもいられなくなって尋ねてきたそうで、数年前のおぼろげな記憶を引っ張り出しながら、アタシの経験談などをコーヒー片手にだらだらとしゃべってたんだけど、「まぁやましいことがあるわけじゃなし、面倒だろうけどひとつずつクリアしてけば大丈夫◎」と言ったら

彼女「はー・・・。ありがとう。まぁほんというと手続きの仕方とかじゃなくて落ち着かせてほしかったのかもKimieに。てへへ」
アタシ「ところで将来の旦那は。」
彼女「雨だから寝てる。」

 ワーーーカーーールーーーー!!www
Torもそうなんだけど、雨の日はなんかもう全てをあきらめて昏々と寝るのーーーー!

それにしたって妊娠中の彼女がこんなにも不安で山越えしてるってのに暢気に寝てる場合じゃないでしょうに、とあきれちゃってさ。
Torから彼に説明してもらう?って提案したの。
そしたら「うーん、多分理解できないと思うから準備はワタシがしたほうがいいと思う」と。www
ちょっと大丈夫!?って言いたくなるでしょ・笑。
でもね、彼女から続いたのはこんな言葉。

彼女「彼ってとってもキュートなの。魚のさばき方も、壊れた窓の修理の仕方も、女の子の喜ばせ方もなんでも知ってる。住民票をどこでもらえばいいかなんてくだらないこと、必要なときにインターネットで調べればいいだけ。」

 うんうん♡♥
 
DSC_0019
同じタイプの人。

思い起こせばTorもひどかった・笑。
アタシは彼女みたいにできた人ではなかったので、入籍手続きのときに尻を叩いて自分で調てもらったんだけどw、書類を揃えたり、書類を取り寄せる機関を間違えたり、ようやく取り寄せた書類に不備があったり、チャン島ーバンコクーコラート(Torの故郷)をうろうろうろうろしたんでした。
それでも無事家族になれたんだった。
相当ぐったりしたけども、あのとき「くだらないこと」と「大切にしたいとこ」をいっしょくたにしてあきれてポイッしたりしなくて良かった・笑。
パートナーにしかできないことと自分ができること凸凹あわせていけたらいいよね。
そうゆうの得意じゃん、日本人って!ロシア人もそうらしい!

なかなか雨が小降りにならず長いことうちに足止めされてた彼女は、その後真っ青になって飛んできた彼に回収され、叱られながらもニコニコと帰っていきました。
気を利かせて彼に電話で知らせたのはTor。
話し込むアタシ達に知らん顔して大工してたと思ったのになかなかヤル!

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

Kimie Chunhaophat
Kimie Chunhaophat

1978年神奈川県藤沢市に生まれる。2006年に訪れたタイで市場めぐりに夢中になり、それがきっかけで、友人とお小遣いを出し合い洋服の仕入れに挑戦。2007年にはネットショップ、ヒッピー・サイケ・レイブファッション『MMPW-mimipartywear-』をオープン。タイ服を愛すあまり、2008年にチャン島へ移住。1年後タイ人のTorと結婚し、チャン島にリアル店舗『mimi de' café』をオープン。2010年にはベイビーも誕生し夢だったタイ暮らしを丸ごと手に入れる。現在、新店舗を家族総出で手作り中。『世界放浪結婚生活』Tomoe の姉。
web:MMPW-mimipartywear-
Twitter:kohchang_mimi