• blog
  • 2016.11.14

モダングラマーな海外流カーテンの長さと取付位置・・★

  • keyword:

カーテンレールを設置してカーテンを取り付けるとき。

「どこ」に「どんな長さ」で取り付けるか?

でかなりお部屋の雰囲気が変わってきます・・・電球

Modern Glamour モダン・グラマー NYスタイル。・・・BEAUTY CLOSET <美とクローゼットの法則>・・・
左がDONT、右がDO

上の両窓は同じ窓サイズながら、右と左を比較すると

右の方がグラマラスに、また部屋のバランスもとっても取れてます。


また。

日本の場合、左のDONTよりも、もっと短く窓下でカーテンを終え、

フロアまでつけないカーテンスタイルな価値観が主流。

カーテン屋さんに行って、腰

「窓なら窓下10㎝ですね~」

なんて言われて進められるケースも多々あります。

Modern Glamour モダン・グラマー NYスタイル。・・・BEAUTY CLOSET <美とクローゼットの法則>・・・
(Images via Pinterest


海外のようなワイルドなゴージャス感を空間に表現したい場合、

腰窓、テラス窓問わず

出来る限り天井より高い位置から、フロアまでのカーテンを設置すると

ぐっと空間イメージが洗練されてきます。

次回機会がありましたら是非実践されてみてくださいーハート


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

JURI AMAKI
JURI AMAKI

モダン・グラマラスな空間、インテリア、設計デザインまでトータルに手掛けるインテリア・アーキテクト。ニューヨークにて4年、Soho, Noho, East Villageにてアパレル・通訳・デザインを学び、帰国後建築設計事務所へ。 Modern Glamourスタイルをベースに、”クローゼット+メイクアップルーム+バスルーム”が一室になった「Beauty in CLOSET」を考案。「住」という枠を超え、「ビューティー+ファッション+インテリア」が融合されたグラマラスライフスタイル実現を追及している。
公式ブログ:MODERN GLAMOUR