• blog
  • 2016.11.14

日経WOMAN「恋愛セ.ッ.クス白書」で識者としてコメントしています!

  • keyword:
取材を受けた日経WOMAN「恋愛セ.ッ.クス白書」
特集号が11/7に発売になりました!

日経WOMAN  
“婚活ブーム”で一変!
 20代、30代、40代「幸せな恋愛」はこう変わる


のコーナーでは、
結婚を意識しすぎて恋愛できない人にも
いっぱいアドバイスを詰め込みました。

流行に惑わされず、他人に流されず、
自分の幸福が何によって作られるかを自覚した上で、
納得しながら1つずつ丁寧に人生を選択していきたいなと
私自身もいつも思っています!

その他、セックスレスのコーナーでもコメントしています!

日経WOMAN

一見、保守的で真面目とも思えるWOMAN読者の
素直な交際感覚、性意識が浮き彫りになっています。

最近の女性が何を考えているのか知りたい、
と思う男性にも興味深く読める内容だと思います。


実は、この特集号に取材いただくのは今年で3回目。
日経WOMANでのアンケートの分析も
次回は、アンケート項目を作るところから
携わらせていただければ嬉しいなと思います!!

そして、もっともっと
女性の正直な願望を明らかにし、
男女の豊かな生き方につなげたいなと思います。

同じく識者として登場していた
北原みのりさんのコメントに

私は、女性が自分の快楽について話すのは、
楽しくて知的な行為だと思っています。

恥ずかしいと思わず、女性同士でも
話してみるのもいいのではないでしょうか。」

という一節がありましたが、


こんな私でさえも
大学時代は、性について語れる友達がおらず
悶々とした思いを日記帳に綴る日々
だったことを懐かしく思い出しました。

みのりさんの
この言葉に勇気づけられる女性が
世代を問わず、今も多くいるはずでしょうね!

ぜひ書店で見つけたらチェックしてみてね!
ページ数も多いので読みごたえあります!
日経 WOMAN (ウーマン) 2012年 12月号 [雑誌]/日経BP社
¥600
Amazon.co.jp


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

西郷理恵子
西郷理恵子

カップル・コンサルタント、ライフパートナーズ代表取締役。1、人生のパートナーと、「精神的な絆」を深めたいと願う人の支援をすること。2、性に対する偏見や後ろめたさをなくし、ポジティブで正しい情報を広めること、のふたつをモットーに活動。デリケートに扱われがちなセックスに関する問題にも積極的に取り組んでいる。総合情報サイトAll About恋愛ガイドとして恋愛・結婚・性に関するコラムを執筆するほか、男女間のパートナーシップを考えるワークショップを開催。日本性科学会会員。早稲田大学法学部卒業。
公式ブログ:あいため ~愛のためのⅠのためのタメになるエンターテイメント~