• blog
  • 2016.11.14

告白したいけどできない人のためのサービス『good luck』

  • keyword:


3月14日、恋愛応援サービス
「good luck」がスタートしたそう。
http://goodluckapp.jp/

Facebook上の異性の友人から
告白したい相手を登録。
相手も自分を登録したら、
両思いとして双方に通知される、というシステム。

「告白したいけど
今の関係が壊れるのがこわい」
という人に向けて作られたサービスだそうです。

…自分がその立場なら利用するかな、

どういう仕組みなら利用するかな、と
あれこれ考えてしまいました。

今の関係が壊れるのがこわい、
と考えるような慎重なタイプの人は
こういうサービスを使うのにも
慎重になりそうな気がするんですよね(笑)。

じゃあ、どういう仕組みなら
使うだろうかと考えたとき、
「告白」ほど深刻ではない想いを
伝えるくらいのサービスだと
より気軽に使えるかなぁ、と思ったり。

これと似ているものに
ツイッターを利用した
「ごはんたべたい」というサービスがありますが、
こっちの方がハードルは低いですよね。

ただ、ワタシもこれは登録してみたのですが、
なかなか特定の相手を指定するところまで
心が動きにくいというか。
ワタシが既婚者で恋人募集中じゃないから、
というのは当然あるでしょうが、
もし今フリーで出会いを求めているとしても
普通に真正面から誘ってくれる人や
普通にお互いの間で話が進む人との方が
実際に会うところまで
行きつきやすい気がするなぁ、と。
あくまでも女性の視点に立った意見ですが。

女性は男性が勇気を出してくれたことに
心を動かされるものですし、
逆に自分に対する労力を
出し惜しんでいる人からは
愛情を感じにくいところがありますからね。

あ、だからといって
これらのサービスを否定しているわけではないですよ!
フィットする人たちもいるのかもしれないし、
ガンガン利用者が増えて
ガンガン両思いの人たちが増えたら
素晴らしいことだと思います。
(そもそも、上述のような
勇気を出せる男性が減ったからこそ
生み出されたのかもしれないですしね。
どんな手段を使おうと
伝えないよりは伝えた方が
成就する確率は高まりますし。)

ともあれ、この手のサービスは
利用者が増えないことには成り立たないので、
恋人募集中かつ気になる相手がいる人は
あまり深く考えず(笑)、
登録してみるといいんじゃないでしょうか!

深刻に捉えすぎず
フットワークを軽くすることは
出会いを広げるために
とってもとっても大切。
これは紛れもない事実なので。

恋愛の本番は交際が始まってから。
パワーはそっちで使いましょう。

いざ交際が始まったら
深く考えざるを得ないことや
頭がウニになってしまうようなことが
山ほど出てくるんですから!(笑)



関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin