• blog
  • 2016.11.14

好意的だった男性が人前で唐突に反論してくる心理

  • keyword:
photo:01



バタバタしていて
更新頻度が低めな今日この頃…。

これではいかん!
ということで、
最近目にとまった記事を紹介します。


男は健康な女の前で話し方を変える」-研究で証明される


…詳細は記事を読んでいただくとして、
要点を抜粋すると。

月経から最も遠い周期にある女性といる場合、
男性は会話のうち62%を模倣しました。
しかし月経中の女性と一緒にいるときは
模倣する率が49.7%に下落したのです。


…人は通常、会話をしているとき
共感を示すために相手と言葉を揃える傾向がある。
にもかかわらず、ということだそう。

つまり、
男性は、月経中の女性といるときは
同意するのではなく異論を唱える方向に
いきやすくなる、ということですかね。

この実験結果から、研究者は
男性には以下のような傾向がある、と分析しているのです。
(注目)

結婚をする可能性がある相手と一緒にいるときは
“不適合な言動”をすることで目立とうとする



………!!!!

どうですか皆さん。

ワタシは、「なるほど……!」と唸りましたよ。

結婚する可能性がある相手、というのは極端な表現なので
分かりやすく言い換えると、

自分のパートナー候補になり得る女性と一緒にいるときは、
ということですよね。

たとえば、こんな経験ありませんか。

複数の男女でなごやかにトークしていたら、
これまで自分に好意的で
デートにも誘ってくれていた男性が
いきなり自分に反論をしてきて
「え? なになになに????」と
頭がハテナマークで埋め尽くされる。

…みたいな経験。
(ワタシはあります・笑)

どう考えても普通はそこで
そんな言い方しないだろう、
という流れでの反論。

目立ちたかったのか………。
(10年たって明らかになる真実)

もちろん、この実験結果と分析を信じるならば、
の話ではありますが。

思いもよらなかったというか
ちょっと面白い分析だなぁ、と思ったもので
皆さんとシェアしたくなった次第です。

こういう可能性もあると知っておけば
女性としても、ムダに動揺したり
腹を立てたりするのを回避できますしね。

月経期間じゃなくても
本能的に好みな女性が相手なら
当てはまるのでは?
という疑問なきにしもあらずですが、
いずれにせよ、
「目立つために反論」というのが
女性にはあまり見られない行動ゆえ
興味深いなと。

信じる信じないはともかくとして
飲み会などのネタにもなりそうです(笑)。

今度、友人男女に振ってみて
リアルなケースを探ってみます!






関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin