• blog
  • 2016.11.14

嫉妬モンダイ。

  • keyword:
今年の6月、ふと目に入ったコチラの記事。

大切な女友達を彼女に紹介したら彼女が不機嫌になりました~発言小町

久々に完読しちゃいました。
やっぱり発言小町は面白いなぁ。

ちなみトピ主と彼女は結婚予定で
女友達は既婚者。
ゆえに既婚者からの厳しい意見が多いです。

主張や意見にブレがないレスが多いのは
なんらかの形で同じ経験をしているからでしょうね。
さんざん考えたあげくのスタンスなのだと思います。

で。

このトピックは、
「自分がトピ主と同じ立場に立ったことがあるか」ということ以上に、
「同じことを相手にされたことがあるか、
されてみたらどんな気持ちになったか」
によって意見が決まってくるテーマだなと。

自分がされて嫌なことは
相手にもするな、ってやつですね(笑)。

さらに言うと、
これは異性の友達を許す許さないというより、
自分の恋人や伴侶が
異性として魅力を感じていそうな相手と
二人で会ったりする場合
それをどう感じるか、という話ですね。

そこで意見が分かれちゃったら
たぶん平行線。

どちらかが折れるか、
話し合って着地点を見つけるか、
それが無理なら別れるか、しかない。

ちなみにワタシは
めちゃくちゃ悩んだあげく
別れた経験あり(笑)。

ワタシは「女友だちとは会わないで!」
みたいなことを言うタイプではないので
そういった話ではなく
ちょっと特殊な状況だったのですが。
(そして別れた理由は
嫉妬モンダイだけではありませんでしたが)

ともあれ、一緒に長い人生を歩んでいけるかどうかを
見極める上で、軽視できないテーマであることは
間違いないと思います。

なぜか?
嫉妬は理性や努力で
コントロールできるものではないからです。

実際に浮気するかしないか、という話ではない。
信じているいない、という話でもない。
単純に嫌だし面白くない。
その気持ちがどうやっても抑えられない。
それが嫉妬というものです。

と、今は平静かつ気楽に書けますが(笑)
渦中にいるときは、ホントに辛いですよね。
ドロドロした感情で胸が苦しいし
寛容になれない自分のことがほとほと嫌になるし、
だからといって鎮められるものではないし。

ただ、嫉妬するかしないかって
ケースバイケースだったりもしますよね。
同じことをされても、パートナーによって
嫉妬に燃えてしまうときもあれば
全く気にならないときもある。
あと、当然、パートナーに絡んでいる
その異性がどんな人なのかによっても
違ってきますよね。

…というような嫉妬モンダイをテーマにした
悩み相談にもガッツリ回答している
本命カノジョ研究所~ダヨリンの恋愛相談室』も
よかったらダウンロードして読んでみてください(笑)。

ちなみにワタシが経験した嫉妬モンダイは
上に書いたようにちょっと特殊なのですが
「皆だったらどうする!?」と
ホントはぜひきいてみたいんだよなぁ(笑)。

また恋愛講座とかワークショップやりたいな。
ていうか毎回テーマを変えて
定期的にやりたくなってきた☆

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin