• blog
  • 2016.11.14

結婚をどう捉えるかによって結婚後の感じ方も変わってくる。

  • keyword:
松田聖子3度目の結婚をLINEのニュース速報で知る
そんな2012年の6月。

ワタシの周りも結婚ラッシュです。
気付けば、この2~3ヶ月以内に
入籍予定のカップルが3組に!

そういう時期ってあるもんですね~。
めでたいです。


…マリッジブルー的な戸惑いも
チラリと耳にしたりしていますが、
まぁ、結婚前ってそういうもんですよ。

特に、自分より相手の方が結婚を急いだ場合、
「これでよかったんだろうか」と
不安を感じる人がほとんどではないかと。

ワタシもそうでした。

でも、結婚8年目に突入した今、
全く後悔していません。

って、ノロケじゃないですよ(笑)。
結婚に不安を感じている人へのエールです!

結婚を「人生のゴール」だと理想化したり、
逆に、「何かを諦めること」だと
決めつけたりする人もいるようですが、
ワタシは、新たな幸せ・新たな充足を得るための
ステップでありチャレンジだと捉えていました。

そのチャレンジに一緒に向きあってくれる人だと感じたので
決めたんだと思います。

っていうと、まるで毎日が
緊張感に満ちているかのようですが(笑)
全くそんなことはありません。
ダラダラゴロゴロできる間柄であるのは大前提。

まぁ、一緒にいて楽じゃないと
そもそも結婚しないですよね。

特に男性に「結婚を決めた理由」をきくと
「一緒にいて楽だから」
と答える人は、めちゃくちゃ多いです。

その「楽」ってどういうこと??
と悩んでしまう女性もいるかもしれませんが
要は、一緒にいて面倒に感じないということですよ。

でも女性は、好きな男性に対しては
面倒な女になってしまうところがある。

…というパラドックスを解消すべく
出会い上手のヒミツ」とかを書いているわけですよ!
(いい流れだ!笑)

そんなこんなで、
今後も自分の結婚生活に向き合いつつ、
そこで得た発見やモンダイ解決法を活かしつつ、
皆さんの恋やパートナーシップにまつわる悩みにも
ガッツリ向きあっていこうと思います。
(まとまった・笑)

あ、電話相談も続けてますので、よかったら、ぜひ!
…ここのところ、執筆やら新規企画やらで忙しく
ご予約いただいた時のみ実施している感じなのですが、
逆に言うとご予約さえいただければ
ガッツリ対応していますので!
(枠が空いていれば、当日予約も可能です)
お待ちしています)^o^(

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin