• blog
  • 2016.11.14

美塾7周年記念。魅力マトリックス。外見と中身はリンクしている。

  • keyword:
先日、恵比寿で開催された『美塾』の
7周年記念イベントに行ってきました。

日本全国から120人以上の生徒さんと講師の方が集結。
とってもパワフルで楽しい時間でした。

美塾とは、メイク教室の名前なんですが
皆さんが想像するメイク教室とは、たぶん
ちょっと違うと思います(笑)。


ワタシが美塾を知ったのは、
カフェグローブに掲載されている
塾長・内田裕士さんのブログ「魅力のトリセツを読んだのがきっかけ。

そこに書かれていた
魅力マトリックス」なる考え方を読んで
面白いなぁ、と興味を抱いたのです。


凛(りん)・艶(つや)・萌(もえ)・清(きよ)

女性の外見の魅力は、大きくこの4つのタイプに分けることができる。

このうちのどれに当てはまるかによって
メイクの仕方も全く違ってくる、と。

ブログでは、内田塾長が
有名人を例にあげて説明してくれています。

たとえば、

○○○○さんは「艶」なので、
このCMのメイクより
このファッション誌でのメイクの方が
彼女の魅力が活かされている!

みたいな。

すごくわかりやすい!

芸能人のメイク(魅力マトリックス)」のカテゴリに
芸能人を例に挙げた記事がまとめられています。
な、なるほど…! と、読み始めたらとまらない面白さです(笑)。


で、いろんな人の例を読んで
なるほどなるほどと腑に落ちまくっているうちに
「自分は4つのうちどれに当てはまるんだろ?」
と、当然気になってきたわけです(笑)。

それを知るためには美塾の教室に参加するしかない!

と同時に、
自分もいい年になってきた中で
「これまで選んできた服やメイクなどを
今後も選んでいいの??
自分、このまま進むのはアリなの??」
という疑問もあり。

そこに何らかの答を与えてくれるかも、と思い、
昨年末、友達を誘って美塾に通い始めたのです。

体験クラスを経て、初級クラスを
河村慎吾先生
のもとで学び。
気付けば中級まで卒業しているという(笑)。

ちなみに河村センセは、
“宿題”を考える達人です。
初級の第一回のクラスで出される宿題は
それを真剣にやってみたことで
ワタシに目からウロコの発見をもたらしてくれました。
真剣にやればやるほど
自分と周りの人の色々な部分が浮き彫りになる宿題なので
人によってはシンドイかもしれませんが
それも全部、今後に活かせば無敵じゃん! と思える人には
確実に発見と進歩に繋がると思います。


そう。
美塾では、メイクの技術を学べたことも収穫ですが
(まだ全然習得しきれてませんが・苦笑)
〝人の外見と中身はリンクしている”という事実を
様々な角度から改めて知ることができたのも
個人的には非常に面白かったのです。

魅力マトリックスの話に戻りますが、
たとえば、初対面の人から馴れ馴れしく話しかけられたとき。

凛の人はそれを嬉しく思うけど、
萌の人は、「またか(苦笑)」と思う。

これは、凛の人はクールな見た目ゆえに
中身とは関係なく怖がられがちだから。
逆に萌の人は、やわらかい見た目ゆえ
気安く声をかけられることが多いから。

ある日、ワタシがレーザー脱毛などで
お世話になっている美容皮膚科の施術スタッフKさんに
この話をしてみたところ。

艶もまざった凛だと思われる大人顏の彼女いわく、
「馴れ馴れしく話しかけられると嬉しいです!」と。

さらに、
「私、人に親しみを持ってもらえるよう、
なるべくキャラクターものとか
ラブリーなモノを身につけるようにしてますもん!」
と。

よく見たら、白衣(ピンク衣?)を身につけているけれども
耳には動物モチーフのピアス、
腕にもファニーなテイストの時計をはめてるんですよ。

なるほど…!

彼女は接客業ですからね。
人に怖がられてしまうのはデメリットなわけです。
外見がもたらす不都合をカバーしようと
彼女なりの工夫をしているわけです。

ただ、プライベートな場であれば
そんなの気にせず
艶や凛の魅力を活かすスタイリングを
しているのかもしれません。
そして、仲の良さそうな年上の旦那さまは、
きっと彼女の艶 or 凛の魅力をわかっていることでしょう。



…というような話をしていると、
皆さん、自分はどれだろう!?と
気になってきたのでは(笑)。

ちなみにワタシがどれなのかは…
ワタシの実物を知っている人なら
「あ~、ハイハイハイハイ」と頷くと思います(笑)。
(厳密には2つのタイプにまたがっています)

そして、そのヒントとして言えること。
このブログのヘッダーにも使っている
ロングヘアのプロフィール写真。
これは実際のワタシより確実にお姉さまっぽい!
そしてキリッとしている(笑)!
普段のワタシの雰囲気とはちょっと違うと思います。

まぁ、マボロシを撮ったわけではないですし(笑)
服もアクセも私物、ヘアメイクも普通に自分でやったので
単に写り方や写真の選び方の問題なんですが。

…そのあたりに関する想いも、
美塾の講義を受けた理由に絡んでいるんですよね。

恋愛アナリストとして表に出るときに
実際のワタシが醸しているイメージは
隠した方がいいのか?
それとも出した方がいいのか?

…実際に美塾の教室に参加してみて
その答は出つつあります。

出たら出たで、今度は自分の中で
さらなるギモンや課題も出てくるわけですが(笑)。


ともあれ、自分の外見にまつわることで
何かしら迷っている、悩んでいる女性の皆さん。

「!」や「♪」な発見満載の美塾、
初級だけでもオススメですよ☆




関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin