• blog
  • 2016.11.14

桜とワインと男と女。

  • keyword:

photo:01


土曜はお花見日和でしたね!

途中からすんごい寒かったけど…
それも含めて思い出になりそうな、
素敵な一日でした。

写真は、お誘いいただいたお花見にて。
たらこの燻製と、玉ねぎドレッシングの野菜サラダ。
どちらも美味!!
信州のフルーティーなワインと共に。(これまた美味!!)

自分で改造した移動屋台に
美味しい料理とワインを乗せて
信州からやってきてくれた、たまきさん。
美味しい料理と素敵な場を提供してくれて
本当にありがとう!

輪に入れてくださった皆さんにも
感謝感謝です!)^o^(


ワタシの名刺を見て、みなさん
肩書きに反応してくださり(笑)
予想外に恋愛トークが弾んだりも。

大人の男女ならではの、いい意味での小慣れ感が
大変粋でございました☆


色々な話題が飛び交う中で、
男性陣がうんうんと頷いていたのは…

男性は「○○○・○○○」に弱い!

ということでした。

この件は、奇しくももうすぐ更新される
ダヨリンの 出会い上手のヒミツ」第8回の
ラストでもチラリと触れているので
ぜひそちらを読んでいただければと。

*結婚相談サービスのツヴァイが運営するウェブマガジン
ウーマンツヴァイ』で毎月更新されています。
http://woman.zwei.com/column/deaihimitsu/

ちなみに、同じ話題が出たのは全くの偶然です。
それくらい、普遍的かつスタンダードな
事実だということですね(笑)。

おそらく、
「何を今さら!」と思う女性もいれば、
「そういうものなの!?」と驚く女性もいるでしょう。

そして、もうすぐ更新される
コラムのテーマ自体は、
○○○・○○○は苦手な女性向け、
かもしれません。

…って、中身を伏せたまま語っても
何が何やらですね(苦笑)。

近々更新されると思いますので、
よかったら、ぜひお目通しいただければ!

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin