• blog
  • 2016.11.14

目からウロコの原体験〜ファッションはコミュニケーションである。


{DD21A28D-E5C9-4FA4-B9C4-1C7653120FEB:01}

前回の記事の続きです。
模倣は大事!という話。 

ワタシの経験談を話します。

予備校時代に、とてもモテる
女の子と知り合いまして。

一緒に歩いていると、男の子が
声をかけてきたりするわけですよ。

で、その子は予備校で常に
デートっぽいというか
女の子らしい服装をしてまして。

ワタシは子供の頃から
服は好きだったので
そういう服も持っているものの、
予備校に着て行くという発想がなく、
パンツルックだとか
ちょっとフェミニンさを抑えた服で
予備校に行っていたわけです。

でも彼女を見て、
あ、こういう格好してきていいのか。
ワタシもそうしてみようかな……
と思い。

ある日、ボートネックで
身体にほどよくフィットした
紺と白のボーダー七分袖カットソーに
膝丈のオフホワイトの
サーキュラースカートを
はいて、登校してみたわけですよ。

そしたら!
「自習室で勉強しない?」と
男の子から声をかけられたんですよ!

もう、目からウロコですよ。
こういうもんか!
こういうもんなのかと!!  

言うなれば、出会いを呼ぶ
ファッション原体験(笑)。

服装を変えるだけで、
こんなに分かりやすく
周りが変わるのかと。

で、こういうリアクションを
実際に受けたからこそ
ワタシは心身で理解したわけです。

服装を軽視してはならない!と。 

そこから人は何らかの
メッセージを受け取るんだと。

元の顔立ちなどで決まるのであれば
その格好をする前から
声をかけられているはずなのです。
でも決め手となったのは
服装だったわけです。
(そこ以外変えていないので)

つまり、
ファッションって

コミュニケーションなんですよ。

知らず知らずのうちに
何らかのメッセージを発しているんです。
発したつもりはなくても。

というか服装を細かく覚えている
自分にビックリです(笑)。
それくらい衝撃的な出来事だったのでしょう。



ちなみに前回のトークイベントでは
「相手の好みが分からない場合は
女子アナみたいな格好で!
ああいう服装を一番好きと思う男性は
一部かもしれませんが
ああいう服装が嫌いだと思う
男性はいません!!」
と熱弁したところ、
後日、それを実践してみた
参加者の女性から
「周囲から絶賛の嵐でビックリです!!」
という報告をいただきました。
(5/23~6月のブログを見ていただけると
コメント欄で見つかると思います)  

彼女はもともとおしゃれで
その日もとても可愛い
ファッションだったのですが、
「たとえば今日のグリーンの
シフォントップスだと
形も色も両方が甘すぎるので
色味を抑えた方が
甘さと辛さのバランスがとれて
素敵になると思う」など
具体的なアドバイスを
させていただいたのでした。


10/3のイベントでも
やってみたらこんなに変わった!
と驚いてもらえる内容を
トークしていきたいと思います。
(`・ω・´) キリッ



★★10/3(金)トークイベント開催★★
女性限定!『ダヨリンの悩みを活かさナイト☆ 
第二回 秋はデートの季節だよ!』
詳細・お申込み→コチラ
ダヨリンが皆さんのお悩みに「必ず」お答えするコーナーもあります!
全身全霊で明日のハピネスに
繋がる回答をさせていただきます。
(当日質問してもOK、申し込み時に相談を書くのでもOKです)

腑に落ちる恋愛アドバイスが欲しい方
男女にまつわるギモンがある方
スッキリしたい方、元気になりたい方
ぜひいらしてください!)^o^(


このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin