• blog
  • 2016.11.14

バージニア大学で開発された「LOVEの公式」に笑いながら納得。


{8B5B3C74-1878-4ED3-9760-B3844A0D047E:01}

バージニア大学の心理学教室で開発された「LOVEの公式」を御存知ですか?

恋愛を成功させるための要素をまとめたもので、『ホンマでっかTV』でメンタルカウンセラーの児玉光雄さんが言及していたそうです。

ちなみに、未婚者編と既婚者編があります。

●未婚者編

LISTEN : 相手の話を聴く 
OBSERVE : 相手を観察する
VALUE : 相手の価値を見出す 
EVALUATE : 相手を評価する

●既婚者編

LISTEN:相手の話を聴く
OVERLOOK:相手を見過ごす
VOICE:声をかけ合う
EFFORT:相互努力



……!!!

これ、的を射てますね!!(笑)

笑いどころは間違いなく既婚者編の「
OVERLOOK:見過ごす」だと思いますが(笑)順に見ていきましょう。


まず、L。
未婚であれ既婚であれ「相手の話を聴く」ことは大切。つまりパートナーシップにおいて永遠に大切!同意同意。

次が、O。
未婚者の場合、「相手をよく観察」していた方がよく、既婚になると逆に「見過ごす」くらいがちょうどよい(笑)。
その通り!   半目で見るくらいがちょうどいい、ってよく言いますが激しく同意です。

そういう意味では、一番目の「Listen」は、ホントに聴いてなくたっていいんですよね実は。ちゃんと聴いてあげられたらベストだけど、聴いてるふりでもいい(笑)。大事なのはそういう時間を作ってあげることですよね。

そして、V。
未婚者は「相手のどんなところが素晴らしいかを見抜く」ことが大切。
で、そのへんは見抜いていたはずだけど全て忘れがちで態度もテキトーになりがちな既婚者(笑)は「相手に声をかける」ことが大事だと。コミュニケーションをないがしろにするなと。ウンウン! 
(お互いが忙しく声をかけ合うゆとりもなくなると、家庭はザ・殺伐な空間になっていくことを多くの夫婦は実感していると思います・笑)

最後が、E。
未婚者はただ相手の価値を見出すだけでなく、「相手を評価する」つまり、ほめることも大切だと。たぶんこれ、既婚の場合ほめなかったくらいで簡単に別れることはないけれど、未婚だと既婚より別れるのが簡単で、自分を一番ほめてくれる人に心を奪われがちなので、つなぎとめておくには定期的に言葉や行動で表せ、ということではないかと。

一方、既婚者にとって大事なのは、相手を評価するとかそんな限定された行動ではなく……相互努力!!  (広いよ!!笑)

しかもこれ、努力じゃなくて相互努力ってところがポイントですね。なぜなら、どちらか一方だけが努力していても結婚生活は成り立たないから。

恋愛は、片方だけの努力でも続いて行きやすい部分がある。なぜなら、お互いの一部だけを共有する関係が可能になりやすいから。でも結婚は違う。基本、生活を共にするもの。だからお互いの努力なくして成り立たない。

と考えると、籍は入れていないけど夫婦同然の暮らしをしているカップルは、未婚者編ではなく既婚編で見た方がよいと思います。


というわけで、どっちにも深々と納得したダヨリンでした(笑)。



関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

ヨダエリ
ヨダエリ

東京都出身。思春期はドイツで過ごす。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社に勤務。その後、フリーのコラムニスト・恋愛アナリストに。“親友に答えるつもりで”をモットーにした悩み相談が多くの女性の人気を集めている。さらにイマドキの恋愛事情考察なども幅広い媒体に寄稿している。著書に『その恋、今のままではもったいない!』『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』などがある。
公式ブログ:ダヨリン★普通日記
Twitter:@dayorin