• blog
  • 2016.11.14

リセットのすすめ In NY

  • keyword:
こんにちは。Eikoです。



思い立って渡米したのは、リセットしたかったから。



 



何をってわけでは無かったけれど、色々なことを経験したり、人生の面白さって



 



行動して選択していくことで道が切り開かれたりするのではと思ってた。



 



30を目前にして、今しか出来ないことに挑戦したいと、心が駆り立てられた。



 



 



単身で海外に渡る計画を着々と立て、1年程の準備期間の後(貯金は6年かかりましたが)



 



スーツケース一つで渡った行き先はNY。初めてNYに旅行したときに感じた、ぴたっと来た空気感、



 



半ば自分の本能だけでここにたどり着いた。



 



人生のリセット。



 



こういうもんだ、と思って日々日常に埋もれて生活して来て、そこに漠然と疑問を感じてた。



 



自分らしくと考えたとき、このままここに埋もれてるのは、自然じゃないって思った。



 



初めて、すぐ目の前に続いていない道を選んだ。



 



これまでの人生で、一番エネルギーを使った人生の転機だったと思う。



 



 



通過点のつもりが、今ここが自分の居場所。共に人生を歩んで行くパートナーとのめぐり合いは、



 



自分の選択が間違っていなかった証と思える。



 



異国の地にいて5年も経てば、帰る場所になるけれど、一人で闘うには、寂しい場所。



 



 



渡米の目的は、リセットとキャリア転向。日本でキャリアチェンジする為に、NYは一時的に闘う場所だった。



 



たとえ行き着く場所や結果が同じでも、人生において重要な節目節目で責任のある選択をして行く中で、



 



今そこにいる自分に納得できるのだと思う。



 



こういうものか、って思って東京で悶々と戦っていた日々と違うもの、



 



それは自分にとっては容易では無い選択してきたことで実感できる喜びだったりする。



 



 



海外でなくても良かったかもしれない。リセットする方法は色々ある。



 



単に私には、転職や結婚を選ぶことより、渡米がしっくり来ただけ。



 



 



今の恋愛に満足していない人は、リセットしてみたらいい。先が見えない恋愛に悶々とする日々から



 



自分を解放したらいい。



 



結婚がゴールでは無いけれど、トンネルの先に光が見えない関係に時間を費やすより、



 



リセットして、違う道を選択することで新たな光が見つかるから。



  



 

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで