• blog
  • 2016.11.14

男ゴコロを掴むスタイリングのキモ その2:流行のアイテムは要らない!

  • keyword:
こんにちは。アレサンドロ後藤です。

私は普段、”仕事も遊びもできるビジネスパーソンのリアルなおしゃれ”をテーマに
スタイリングのアドバイスなどの活動をしているのですが、ここでは、男性の視点から、

「男が“いいな”と感じる女のスタイリング」

について、日々思うところをつぶやいていこうと思っています。


TVや雑誌などに出てくるファッションチェック。
芸能人だったり、街ゆく一般の方に対してだったり、色々なパターンがあって、
そこでのコメントをスタイリングの参考にされている方も多いのではないでしょうか?

私アレサンドロも、レディスファッションの参考にと思って目にすることも多いのですが、
ここでも、「女性のスタイリングに対する、女(同性)と男(異性)の視点の違い」について気づかされたりします。

ファッションチェックを見ていると、同性のスタイリスト(おネエの方も含みますかね・・・)の方がおしゃれを評価するとき、

?○○がカワイイ
?流行のアイテムを採り入れている


という2つの表現が多いなぁ、と感じるんです。


?については、前回のブログ、「女はパーツを、男は全体を見る」、でお話した通りです。
もう一つの、「流行を採り入れている」って、女性同士でおしゃれを評価しあう場合には、結構なキーポイントだろうな、と思うのですが、

「男にとって、女の流行はサッパリ判らない」

ものなんです。

特に、流行のアイテムって、後から思い返してみると、ちょっと変わったデザインのものって多くないですか?

例えば、数年前に流行っていたバルーンスカート。
あれ、男性から見ると、「何でフクロになってるの???」と、ハテナが3つくらい付いてしまうものでした。
多分、少女的な可愛さでウケているんだろうな、と想像していますが、
大人の男性が、相手の女性に見た目の少女性を求めることは普通は無いですよね。

あと、少し前に、若い女性の間で流行っていた(と思う)ファーのネックウォーマー。
あれも、マタギかイヌイットか、もしくは昔有名だった某外国人プロレスラーにしか見えません。

まあ、これらは極端な例かもしれませんが、
男性が女性のおしゃれを評価するときは、相手の全体の雰囲気やシルエットなどを見ることが多いので、
アイテムとして主張が強いものは、違和感となって映ってしまう、ということは大いにあると思います。


おしゃれに詳しい一部の男性を除いて、女性のファッションアイテムの流行を押さえている男性はまずいません。
男性に見せたいおしゃれをする場合には、買ったばかりの流行のおしゃれアイテムを身に付けたい衝動はぐっと抑えて、
「ベーシック+アクセント」 を中心とした基本的なスタイリングで勝負したほうが、
きっと相手の男性の評価も高いハズです。

相手の男性も、素直に「おしゃれだね」「キレイだね」と言いたくなると思いますよ、きっと。


次回は、「バッグは一点だけでOK」をテーマにお話しようと思います。
では!


無料相談や知恵の交換ができる掲示板はコチラ
http://delice-delice.com/

関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで