• blog
  • 2016.11.14

結婚に臆病?諦める? 一歩の踏み出し方

  • keyword:

 


こんにちは。

イケダン育成術―賢妻に学ぶ結婚生活を幸せにする技術



の杉浦里多です。



先日の初告白、キズモノ意識で恋愛・結婚に臆病だった私


からどうやって前に進んだか、


「明日書きます〜」なんて言って、すぐに更新できませんでした。


ゴメンナサイ。。。



さてさて、 



事故でキズを負い、医者にも残念だねーと言われ、


恋愛結婚も諦めなければいけないのか・・・と思っていましたが



やっぱり、結婚したい!と思ったのです。



世の中をみると、


例にあげるのは大変失礼なのですが、


五体不満足の乙武さんや、


身体に障害を抱える方、


心に病を抱えている方、


余命数年と告げられても


結婚している方はいっぱいいます。



テレビででている結婚カウンセラーの方は


すっごくビッグだけど5人から求婚されたと・・・



すっごく性格が悪い、人だって結婚してますしね。



だれだって、目に見えるものだけでなく、


目に見えない”負”は抱えているものです。


(大小の差はありますが)



だから、少しの(わたしにとっては大きいのですが・・・)


キズや不自由さを、恋愛や結婚をできない理由にする必要はないのかな


と思いなおしました。



前に進むために一番大きかったこと


必要だったことは



「自分が認め、受け入れること」



誰よりも自分が引け目や負い目を感じたり、


これがなければ・・・と思って


受け入れてなかったのですね。



これらも含め、「これが私」!


と自分自身を認め受け入れてあげること。



そう思えば、


他に受け入れてくれる人が現れることも


少しは信じられるようになります。



そして、「このままの私(マイナスを含めての私)」


を受け入れてくれる人と一緒になればいいだけ。



彼には・・・


もちろん出会った当初に話したりはしていません。


十分相手が私のことを好きだな〜と実感でき、


お互いの信頼関係ができたな、


と思ったときに、「実は・・・」と告白しました。



それで逃げたら、しょうがない。


信頼関係以上に、そのことは彼の人生に影響を与えることかもしれないから。


結婚するなら、私も幸せになりたいけど


なにより、彼が幸せにならなきゃね。



そういう風に考えたように思います。



そうして・・・



今のダンナさまは、


私のすべてを受け入れてくれたワケです。




だから、、、



もしも自身が抱えている何かで


恋愛や結婚は無理かも、


と後ろ向きになったり、臆病になっているならば・・・



是非、まずは自身で自分を受け入れてあげてください。


そうして、同じように受け入れてくれる素敵なパートナーを見つけてください。



大丈夫、きっと幸せになれるから。



もっと幸せになる!恋愛結婚の掲示板は http://delice-delice.com


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで