• blog
  • 2016.11.14

救い出してくれる、王子さまを夢みちゃダメ!

  • keyword:

こんにちは、


「イケダン育成術」の杉浦里多です。


 


さてさて、掲示板のお悩みに、


 


結婚したい・・・でも、彼のココが気になる、結婚相手なんだろうか??


クリスマスだし、プロポーズしてほしい・・・


 


と結婚への迷いと不安をご相談いただきました。


 


このような迷いのある恋愛相談を受けるとき、


決まって思うのは


 


「相手に期待しすぎ」


 


私自身がそうだったので、とてもよく分かります。


 


「私のことが好きだったら・・・」


「おとこだったら・・・」


こうするのではないか?こうしてくれるのではないか?


 


と考え、相手に不適合者チェックをいれたくなります。


 


その思いの根底には、


「彼が私を幸せにしてくれる」


という気持ちがあります。


 


お姫さま物語のように、


不幸な境遇から王子様の出現や優しいキスで


あっという間に、この世の最高の幸せを全て手に入れる・・・


 


そんな、私を救い出して世界を変えてくれる、願望があると思うのです。


 


 


私が結婚できた理由のひとつにも、


この考え方を変えた、ことがあると思います。


 


結局、「自分の幸せは自分で掴むしかない」


だって、自分が幸せかどうか、何が自分が幸せか、を知っているのは私だけだもの。


人生の主人公は自分でしかないから。


もちろん、その幸せの実現に向かって一緒に歩んでくれたり、サポートしてくれる存在がいれば心強い。でも、それはあくまでパートナー。脇役でしかないのです。


 


お姫様願望、を考えるとき


私がいつも自分を律するときにも、


友人達にも話すのは


「シンデレラ」


 


シンデレラは、自分から王子に会いに行ったの。


何もせずに指をくわえて待っていたわけではない。


 


舞踏会に行くのに、魔法使いが助けてくれたから?


シンデレラの話はいくつかパターンがあるのですが、


「どうにか行こうと自分でがんばった」少なくとも、「諦めなかった」


 


あんなボロボロの姿で日々過ごしていても、


王子に会いに舞踏会に行こう!と思い、


ママ母たちにお願いしたり、ドレスを見繕ったり、お友達(ねずみとか)に手伝ってもらったり・・・魔法使いが助けてくれるのは、そういう一連の努力の後なのです。


 


相手や誰かに期待するより、まずは自分が「得たいもの」をはっきりさせて


がんばってみることが必要なのだな〜と。


シンデレラを想像しては、「王子や魔法使いの出現の前に、自分ががんばっているか」を自問自答しています。


 


もっとハッピーな恋愛・結婚のために http://delice-delice.com


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで