• blog
  • 2016.11.14

彼からのプロポーズ。でも親から反対。どうする!?

  • keyword:

こんにちは。


「イケダン育成術」の杉浦里多です。



今日は、掲示板にいただいたお悩みについて


ちょっと思うところを。




お悩みは、


付き合っていた彼からプロポーズを受けてとても嬉しい。


でも、親からは反対されている。


そして、親のいう反対理由が自身も分からないわけではない。


どうしよう?



というものです。





とても難しい問題ですね・・・とても気持ちが分かります。



私も親に大反対された経験がありますから。




まずは、客観的にというより、私自身の経験の話をして


そこから何か感じていただければいいな〜と思い、


自身の身の上話を。



「電撃結婚ノススメ」(マガジンハウス)


にも書いたエピソードの大好きだった彼。


「お前を愛してる」という言葉を最後に別れたのです。


 


そして、彼のその言葉は本当だったのかな、と思うのが、


数年たって彼がお店をもったとき、早朝の留守電にその報告メッセージが入っていたから。


 


な〜んて、書くととてもロマンティックな


ロミオとジュリエットな感じですよね?


 


私自身、そんな心持ち。


美しく悲しい別れ。二人はとっても愛し合っていた・・・


 


でもね、冷静に考えると・・・


 


絶対に彼は地元の人と付き合いだしたの。


 


 


その理由は分からない。


両方の親に反対されて結婚が難しいと思ったのか、


やはり二人の環境はあまりに違うと思ったのか、


自分の夢は田舎でお店をもつことだったから、東京には出たくないと思ったからか


地元で出会った人を好きになっただけなのか


 


理由がどうであれ、結論としては、


彼は他の人と付き合い、結婚した。


 


しかも、「愛してるのはお前だ」


みたいなセリフ、ってズルイ男の典型。


 


こうやって聞くと、


美しかった別れのセリフも、とっても陳腐だわ。


(な〜んて、今だから思えるんだけど・・)


 


私は、上記3つのような理由(地元の人を真剣に好き、は排除)を考え、


ジュリエットな気分に浸っただけ。


 


でも、心の奥底では知っていた。


だから、全てを捨てて彼のところに行こうとは思えなかった。


その理由もいろいろあるけれど、真実はそれ。


 


反対された時に、母から


「本当に好きなら家を出てでも一緒になればいいじゃない。そうしないならそれくらいだってことよ」


と言われ、傷ついたこともあります。




だって、彼と一緒になりたいけれど、家族になりたいので、家族が認めてくれなければそれは実現せず、それを愛情の尺度にしてほしくない!と・・・



でも、やっぱりそれは真実かな、とも思います。


彼のことを信頼していたら、いつか親が分かってくれることを信じて、一緒になったかも?



対して、今の主人。


つきあいが短いので、付き合っている間に、全部を知ることはもちろんできなかったし、


分からないことに不安や心配がなかったわけではないけれど・・・



それも含めて一挙に引き受けよう!


と思える、彼の”人物”としての信頼が確固たるものだったのと、


年齢なども含めてオトナになった私は、


一緒になることのひとつとして”覚悟”も学んだのかな。



信頼できる相手とだったら、新しく作り上げていけばいいし、


辛いことも一緒に考えて乗り越えられると、



ありきたりな、くさ〜いセリフだけれど、心からそう思えたのだと思います。






また、ビジネス頭的に整理するアドバイスとしては、


・あなたの人生で実現したい幸せは何ですか?

・その中で、どのような結婚生活が必要ですか?

・その結婚生活は、彼と実現できるものですか?


 


冷静に客観的に、自身の実現の幸せに貢献しないものならば、


いらない、のです。


きっと、ほかに、その実現を一緒にしてくれる人がいるはず。


 


自身が後悔しない決断を、ずるずる先延ばしにせず


していただきたいな〜と思います。


 


きっと同じようなお悩みの方には


参考になるだろう、詳しいご質問とその答えは掲示板をご参照くださいね♪


http://delice-delice.com



関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで