• blog
  • 2016.11.14

婚活がうまく行くレッスン ?人のアドバイスを素直に聞けない

  • keyword:
こんにちは。

イケダン育成術―賢妻に学ぶ結婚生活を幸せにする技術



の杉浦里多です。











さて、今日の「婚活がうまく行くレッスン」は






「?人のアドバイスを素直に聞けない」というお悩みの回答です。



いますね〜。

人に相談しておきながら、結局は


「私のことは私しかわからない」

「彼のことを本当に分かっているのは私だけ」

「人には見えないいろんな事情があるのよね」

「なんかちょっと違うんだな」


という思いが先立ち

「でもね、」「そうだんだけどね、」「いやそうじゃなくて」

と、「でもども」星人になる人。




自分がアドバイスする側に立った時、はどうでしょう?


「見えてないなあ」

と思うことも多いですよね?




冷静に客観的に情報分析してみえることもあります。





また、私がよく感じるのは



「悪い人じゃないんだけどね」「信用してないわけじゃないんだけど」

というような、彼をかばうような言葉。




そこに本心が隠れていることはよくあります。

悪い人と思いたくない、信用したい、という気持ちはあるけれど、

100%そう思えない何かがある、ということです。




100%そう思っていたら、そういう言葉はでないでしょ?

それを「親がね・・・」と言ったとしても、親の意見を100%否定するほどは信じられていないのです。



つまり、客観的に、本人が言っていることや感じから読み取れる本心

があるのです。




だから・・・



あなたにもしも、意見をくれる人がいたら、

それはひとつの真実です。(もちろん、絶対ではありません。正解とも限りません。)



今あなたが見えている出来事には、

そのような面があるということを、

冷静に受け取ってみましょう。





やっぱり、友人が2−3人そろって、首をかしげる関係は

長く続いていないし、

どうにか結婚しても、残念な結果になっています。





人は、人のことに口出しなんてしたくないもの。

(波風立てずに、そうなんだ〜、と聞いて共感だけしているほうが楽)

それをあえて、してくれる人がいたら、



たとえその意見が違うものだとしても、

意見をくれたこと、アドバイスくれたこと、その気持ちを受け取ってください。

そしてその真意を理解するようにしましょう。



大事なのは、

わざわざアドバイスをくれた

素直にその気持ちと行為を素直に受け取ること。


意見を取り入れるかどうかは、また別の話、です。


 


これも、

赤の他人と日々協力していく結婚に向けての準備、

と考え、


意識して、

「感謝して受け取る」

習慣をつけてみてください。






もっと詳細を知りたい方は、電子書籍


「なぜあなたの婚活はダメなのか~半年以内に幸せな結婚をする方法」




をチェックしてくださいね。


 


もっとハッピーな恋愛結婚の知恵は http://delice-delice.com


関連キーワード

このブログの前後の記事へ

ライタープロフィール

杉浦里多
杉浦里多

株式会社DELICE代表取締役。LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、P&GでSK-Ⅱほか多くのブランド育成に辣腕をふるった後独立。現在は、独自の「ラブストーリーマーケティング」によるブランド・人財育成のコンサルティングや研修を行う。また、恋愛・結婚を成功させるマーケティング理論が話題になりメディア取材も多数。著書に『電撃結婚ノススメ』(マガジンハウス)や『イケダン育成術』(文藝春秋)がある。杉浦氏のほか、NY在住ママなどハッピーな恋愛・結婚を実現している賢人たちもブログに参加。
HP:電撃結婚&開運結婚生活ノススメ
Twitter:@Rita_Delice 講演・取材のご依頼はこちらまで